三菱 i-MiEV 2014年10月~モデルの買取・査定相場

三菱 i-MiEV
三菱自動車は日本初の市販電気自動車であるi-MiEVにグレード展開の変更と価格の引き下げや装備の充実化などの改良を加え、2013年11月14日に発売した。今回の改良で上級グレードGに変わって設定されたXは、バッテリー容量16.0kWhと一充電当たりの走行距離180km(JC08モード)などの基本を性能を維持したまま、Gに比べて約90万円安い価格を設定した。これによって平成25年度クリーンエネルギー自動車等導入対策費補助金(上限額850,000円)を適用することで約205万円で買えるようになった。一方、バッテリー容量10.5kWhで一充電当たりの走行距離が120km(JC08モード)となるエントリーグレードのMは、運転席・助手席シートヒーターや急速充電機能などの装備を充実しながら、価格を従来に比べて約19万円下げた。こちらは補助金(上限740,000円)を適用すると約172万円で買えるようになった。装備の充実化では、省電力型ヒートポンプエアコンを軽自動車で初めて全車に標準装備し、暖房使用時の消費電力を抑制することで航続可能距離の減少を抑えた。従来のヒーター部分である座面に加え、背面部のヒーターを追加した運転席・助手席シートヒーターや、普通充電に比べて充電時間が短い急速充電機能を全車に標準装備した。普通充電リッド内照明を全車に標準装備して夜間の充電作業をしやすくした。またヘッドレストレイントの大型化やカーテンエアバッグを全車に標準装備することで、乗員保護性能を向上させた。従来の上級グレードにメーカーオプション設定していたプレミアムインテリアパッケージに、本革巻ステアリング、本革巻シフトノブ、運転席ハイトアジャスター等を追加したプレミアムインテリアパッケージと、タイマー充電やプレ空調機能を備えたMiEVリモートシステムを全車にメーカーオプション設定した。2014年10月9日には一部改良を行い、安全機能を充実させ、車両本体価格を見直して発売した。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
三菱 i-MiEVの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

三菱 i-MiEVを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

車買取査定のお役立ち情報

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP