ミニ MINI Crossoverハイブリッド 2017年02月~モデルの買取・査定相場

ミニ MINI Crossoverハイブリッド
BMWジャパンは、「MINIクロスオーバー」を2017年2月23日にフルモデルチェンジし、新世代プラグインハイブリッドモデルとなる「MINIクーパーS E クロスオーバー オール4」を、同年6月以降に納車開始を予定している。今回のフルモデルチェンジは、デザインの刷新、質感を大幅に向上させた素材の採用、このセグメントにふさわしいインテリアスペースの拡大、機能性の向上を目指したもの。新型のボディは、全長4315mm、全幅1820mm、全高1595mm、ホイールベース2670mm。先代と比べると、195mm長く、30mmワイド、45mm背が高く、ホイールベースも75mm長い。全体にワイド化されているが、MINIとしての記号性のあるデザインはそのまま。特徴的なショルダーラインやヘッドライトのスクエアなデザインなどにクロスオーバーとしての迫力を感じさせる。インテリアはMINIらしい円形デザインをモチーフとして採用し、クローム仕上げをふんだんに取り入れることで上質な仕上がりを見せる。さらにステッチなど細部のデザインにもこだわった本革シート、メモリー機能付きパワーシートの採用など、プレミアムコンパクトならではの内容を備えている。「MINIクーパーS E クロスオーバー オール4」のパワーユニットは、最高出力100kW(136ps)、最大トルク220Nmの1.5リッター3気筒ガソリンターボに最大出力65 kW(88ps)、最大トルク165Nmの電気モーターの組み合わせ。ガソリンエンジンと6速ATで前輪を、電気モーターで後輪を駆動する四輪駆動方式だ。後部座席下に7.6kWhのリチウムイオンバッテリーが収納され、200V電源を使用することで約3時間で満充電にすることができる。モーターのみで125㎞/hの最高速が得られ、最大で約40㎞の距離を走行することが可能である。プラットフォームは新開発となり、トレッドおよびホイールベースの拡大により、MINIならではの機敏な操縦性を実現しながら、洗練されたドライビングフィールをもたらすという。また、新開発のフルタイム四輪駆動システム「MINIオール4」はあらゆる路面での安定性と悪路走破性が高められている。機能性については従来モデルに対してリヤシートを中心に室内空間が広くなった。後席バックレストは40:20:40の分割可倒式を採用。さらにバックレストは3段階のリクライニング機構が備わる。トランク容量は先代よりも100L拡大した450Lを実現。「ピクニックベンチ」や「オートマチックテールゲートオペレーション」のイージーオープナー機能も装備されると思われるが、装備の詳細については発表直後の時点では未定となっている。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
ミニ MINI Crossoverハイブリッドの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

ミニ MINI Crossoverハイブリッド 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

ミニ MINI Crossoverハイブリッドを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP