メルセデス・ベンツ GLAクラス 2020年06月~モデルの買取・査定相場

メルセデス・ベンツ GLAクラス
メルセデス・ベンツ日本は、コンパクトSUVの「GLA」を2020年6月25日にフルモデルチェンジ、同日より予約注文受付を開始した。6年ぶりのフルモデルチェンジで2代目となったコンパクトSUV。エクステリアは前後のオーバーハングが短く、クーペのようにリヤに向かってなだらかに下降するルーフライン、スリムなサイドウインドウでスポーティさを強調させたルックスとした。ラインアップは「GLA200d 4MATIC」のみだが、AMGライン装着車も設定される。ボディサイズは全長4415㎜×全幅1835㎜×全高1620㎜、ホイールベース2730㎜。最低地上高は202㎜を確保するが、AMGライン装着車は179㎜となる。先代に対して全高は100㎜ほど高くなっている。パワーユニットは最高出力110kW(150ps)/3400~4400rpm、最大トルク320Nm/1400~3200rpm を発生する2.0リッター直4ディーゼルターボに8速デュアルクラッチトランスミッションの8G-DCTの組み合わせ。4WDシステムはドライバーが「ダイナミックセレクト」のスイッチを操作することで基本の前後トルク配分を変化させることが可能。「ECO/コンフォート」では80:20、「スポーツ」は70:30となる。オフロード走行では四輪駆動クラッチがセンターディファレンシャルのように働き、50:50となる。さらに急なオフロードの下り坂を事前に設定した一定の速度(2~18km/h)で下ることの可能なDSR(ダウンヒルスピードレギュレーション)も装備されている。インテリアはAクラスの基本的デザインを踏襲し、ワイドスクリーンディスプレイをダッシュボード上部に設置。横方向のワイドさを強調するデザインとし、タービン形状の5つのエアアウトレットも採用されている。AMGラインには全64色のアンビエントライトを設定、スマートフォンを無線充電するQi規格のワイヤレスチャージング機能を全車に標準装備した。先代に対して前席の着座位置は97㎜高く、Aクラスと比べても140㎜、Bクラスに対しては52㎜も高くなった。後席は足元スペースが116㎜広くなり、140㎜のスライド機構、7段階のバックレスト角度調整機構を備えている。さらにバックレストは40:20:40の分割可倒式を採用し、多彩な使い勝手に対応させている。電動の「EASY-PACK自動開閉式テールゲート」も標準装備となる。対話型インフォテインメントシステム「MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザーエクスペリエンス)」を搭載したほか、運転支援システムには「Sクラス」と同等のシステムを採用した。歩行者や車両の飛び出しの検知、先行車両や障害物を回避できない場合の自動緊急ブレーキによる被害軽減機能、車線維持機能、斜め後ろの死角の車両との衝突回避を支援する機能などが備わっている。また、先行車との車間距離のみならず、周囲の交通状況(車両、車線、ガードレールなどの平行な物体)を常に監視。自動で車線を変更する「アクティブレーンチェンジングアシスト」、走行中にドライバーが気を失うなどの万一の際には車線を維持しながら緩やかに減速・停止する「アクティブエマージェンシーストップアシスト」などが採用されている。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
メルセデス・ベンツ GLAクラスの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

メルセデス・ベンツ GLAクラス 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

メルセデス・ベンツ GLAクラスを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP