メルセデス・ベンツ Eクラス PHV 2020年09月~モデルの買取・査定相場

メルセデス・ベンツ Eクラス PHV
メルセデス・ベンツ日本は、メルセデス・ベンツEクラスのプラグインハイブリッドモデル「E350eスポーツ」、「E350deスポーツ」を2020年9月10日にマイナーチェンジ、同日より予約注文の受付を開始した。今回のマイナーチェンジでは、エクステリアをシャープでダイナミックなイメージとし、フロントエンドのヘッドライトは上下方向に薄く、切れ上がるデザインとした。ラジエターグリルは下部が広がる台形として、その両サイドに2本のフィンを配置。クローム仕上げのダイヤモンドグリルを採用したほか、リヤエンドでは横長の2分割型リヤコンビネーションランプが採用された。インテリアは3本ツインスポークステアリングを新たに採用。ナビゲーションやインストルメントクラスター内の各種設定、安全運転支援システムの設定をすべて手元で行えるようにしたほか、ハンズオフ検知機能は従来のトルク感応タイプから静電容量式センサーとして、運転支援システムの使い勝手を向上させている。インフォテインメントシステムでは、ドライバーのジェスチャーを読み取ることで各種ライトを点灯させたり、「Vサイン」をかざすことでアンビエントライトの設定画面などをプリセットさせたインフォテインメントシステムのお気に入りメニューを表示することが可能。また、日本で販売される乗用車では初のAR(Augmented Reality=拡張現実)ナビゲーションを採用した。これにより車両の前面に広がる現実の景色がナビゲーション画面に一部に映し出され、その進むべき道路に矢印を表示。直感的にどの道路に進むべきか判断することができるという。最新の安全運転支援システムである「インテリジェントドライブ」はすべてのモデルに標準装備。また、新たに停車時にドアを開けようとした際に後方から歩行者や自転車、自動車などが接近している場合にドアミラー外側の警告表示灯が赤く点灯、乗員がドアハンドルに手を掛けると音と表示で乗員に警告する機能が追加されている。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
メルセデス・ベンツ Eクラス PHVの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

メルセデス・ベンツ Eクラス PHVを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP