マツダ 2022年12月~モデル(CX-8 )の買取・査定相場

マツダ CX-8
マツダは、3列シートクロスオーバーSUV「CX-8」を大幅商品改良するとともに、新グレード「スポーツアピアランス」と特別仕様車「グランドジャーニー」を設定して、2022年11月2日に予約を開始、同年12月下旬に発売を予定している。今回の大幅商品改良では、エクステリアデザインに手が入った。フロント&リアバンパーやフロントグリル、前後ランプなどを、マツダ最新のデザインへ変更。フロントグリルは、シャープでモダンなブロックメッシュパターンを採用し、リアバンパーとランプのコーナーをより広げ、ワイドでスタビリティ感のある印象に仕上げている。ボディカラーは、「MAZDA CX-60」から導入した匠塗の第3弾「ロジウムホワイトプレミアムメタリック」をラインナップに追加した。ダイナミクス性能も見直され、現行「MAZDA3」に採用している車両構造技術「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE(スカイアクティブ ビークル アーキテクチャー)」の考え方を取り入れた。また、走行シーンに応じてスイッチ操作だけで走行モードが切り替えられる「MAZDA INTELLIGENT DRIVE SELECT(マツダ インテリジェント ドライブ セレクト)」[略称:Mi-DRIVE(ミードライブ)]を新採用。従来の「NORMAL」と「SPORT」に加え、新たに「OFF-ROAD」モードを設定している。さらに、アダプティブLEDヘッドライト(ALH)のグレアフリー(防眩)ハイビームLEDを12分割から20分割に変更して、ドライバーの危険認知をサポート。また、クルージング&トラフィック・サポート(CTS)の採用により、高速道路やの渋滞時の運転疲労の軽減を図っている。その他、Apple CarPlayにワイヤレス接続機能を追加するとともに、USB Type-C端子を採用して、利便性を向上した。新たにラインナップに追加となった「スポーツアピアランス」は、内外装をブラックで統一することで上質感を演出している。特別仕様車「グランドジャーニー」は、シルバー塗装フロント&リアバンパーセンターガーニッシュや ガンメタリック塗装フロントグリルなど、専用の外装を採用。家族でのドライブをイメージしたモデルで、AWDのみの設定となる。また、最上級グレード「エクスクルーシブモード」の装備も見直され、満足感と特別感を求めるユーザーに応えている。なお今回の改良に伴ない、従来の「Lパッケージ」と「プロアクティブ」は廃止された。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
マツダ CX-8の相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

マツダ CX-8 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にLINEヤフー株式会社が独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

マツダ CX-8を一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

車買取査定のお役立ち情報

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP