マツダ 2020年12月~モデル(CX-8 )の買取・査定相場

マツダ CX-8
マツダは、3列シートクロスオーバーSUVの「CX-8」を商品改良して、2020年12月3日に発表、同年12月17日に発売した。なお「Lパッケージ」、「エクスクルーシブモード」、「100周年特別記念車」は、2021年2月に発売を予定している。今回の商品改良では、デザインと利便性をさらに洗練させるとともに、走行性能の向上を図っている。走行性能の向上では、「SKYACTIV-D 2.2」搭載車の出力を向上して、高速道路への合流や追い越し加速シーンでのパワフルな走りを強化した。また「SKYACTIV-DRIVE(6AT)」搭載車は、エンジンとトランスミッションの制御技術をアップデートすることで、アクセル操作に対する応答性をより高め、素早く加速したいシーンで、ドライバーの意図に応じた軽快な走りを実現したという。利便性については、ハンズフリー機能付きパワーリフトゲートやフロントコンソールにスマートフォンを置くだけで充電可能なQi規格対応ワイヤレスチャージャーを設定した。またセンターディスプレイのサイズを10.25インチに拡大。さらに、すべてのモデルに車載通信機を標準設定した。コネクティッドサービスとスマートフォンアプリ「MyMazda(マイ・マツダ)」との連携による利便性の向上や緊急通報サービスの提供などにより、24時間さまざまな場面でドライバーをサポートする。また「Lパッケージ」、「エクスクルーシブモード」、「100周年特別記念車」は、フロントグリルの形状を変更し、ボディカラーに新色の「プラチナクォーツメタリック」を専用設定した。さらに最上位グレード「エクスクルーシブモード」専用装備として、19インチアルミホイールのデザイン変更に加え、フロントバンパー下部にガーニッシュを付し、ワイド感の増したテールパイプを採用した。インテリアは、シートにサイドキルティングを施して、ソフトな質感を際立たせるモダンな作りこみを実現したという。あわせて、特別仕様車「Black Tone Edition(ブラックトーンエディション)」を設定して、2020年12月3日に発売した。「ブラックトーンエディション」は、「25S プロアクティブ」と「XD プロアクティブ」をベースに開発。エクステリアは、ドアミラーカバーとホイールに黒を採用して、引き締められた印象に仕上げている。インテリアは、赤色を強調した素材やパーツを採用した。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
マツダ CX-8の相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

マツダ CX-8 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にヤフー株式会社が独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

マツダ CX-8を一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

ヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP