マツダ 2017年12月~モデル(CX-8 )の買取・査定相場

マツダ CX-8
マツダは、3列シートSUVの「CX-8」を2017年9月14日に発表、同年12月14日に発売を開始した。3列シートSUVとしての使いやすさを追求したパッケージングを目指し、北米仕様の「CX-9」よりもサイズダウン化した国内仕様が「CX-8」だ。全長はCX-5よりも355mm長い4900mmだが、1840mmの全幅は共通、全高は40mm高い1730mmとした。2930mmのホイールベースはCX-9と共通でCX-5よりも230mm長い。CX-5よりも大型化されているものの、国内での使いやすさを考慮したサイズに仕立てられ、プロポーションにも無理がない。フロントマスクはグリル形状でCX-5と差別化され、リヤもリヤコンビランプをつなぐ細身のシルバーシグネチャーなどでCX-5との違いが見い出せる。パワーユニットはCX-5にも搭載されている2.2リッターのクリーンディーゼルの「SKTACTIV-D」。重量の増加したCX-8への搭載にあたっては新型ターボチャージャーの採用と燃焼改善などが行われた。これにより最高出力140kW(190ps)/4500rpm、最大トルク450Nm/2000rpmを発生し、燃費もFFで17.6㎞/L(JC08モード)の経済性を実現した。組み合わされるトランスミッションはCX-5と同様の6速ATだ。インテリアは絶対的な広さよりも居心地のよさを追求。XD Lパッケージにはコンソールボックスを備えたキャプテンシートを装着。XDとXDプロアクティブにはウォークスルーの可能なキャプテンシート(6人乗り)もしくは6:4分割のベンチシート(7人乗り)を設定する。XD Lパッケージはナッパレザーを用いた本革内装となり、内装色もディープレッドとピュアホワイトで選択することが可能。本杢のウッドパネルも採用されるなど、上質な仕上がりを見せている。注目のサードシートは身長170cmでも無理なく快適に過ごせるスペースを確保。シートサイズも大きめで2列目シート下につま先が入るスペースもある。ラゲッジルームは定員乗車時でもA型ベビーカーやゴルフバッグ2個を積載できる239Lの容量が確保され、3列目シートを倒すことで荷室容量は572Lに拡大する。パワーリフトゲートはXD Lパッケージに標準、XDプロアクティブにはオプションだ。高い安全性能も盛り込まれ、先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」が全車に標準装備。また、死角や障害物との距離をモニターを通して確認できる「360°ビューモニター」、歩行者との衝突を検知した際に、ボンネット後端を100mm持ち上げて衝撃を緩和する「アクティブボンネット」も設定されている。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
マツダ CX-8の相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

マツダ CX-8 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にヤフー株式会社が独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

マツダ CX-8を一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

ヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP