現在位置: carview! > 車買取・中古車査定 > 車買取相場を調べる > レクサス > UX > 2018年11月〜モデルの買取相場

レクサス UX 2018年11月~モデルの買取相場・査定価格

レクサス UX
レクサスは、プレミアムクラスのコンパクトクロスオーバー「UX」を2018年11月27日に新設定、同日より販売を開始した。 UXは「クリエイティブアーバンエクスプローラー」をコンセプトに、新たなライフスタイルを探求するきっかけ「CUE」となることを目指した都会派コンパクトクロスオーバー。レクサスとしては初となるGA-Cプラットホームの採用を始め、ボディの高剛性化、軽量化による低重心化を実現しており、すぐれたハンドリングと操縦安定性をアピールポイントとしている。 ボディサイズは全長4495mm×全幅1840mm×全高1540mm、ホイールベース2640mm。エクステリアはキャビンの中心からタイヤに向かって前後のフェンダーが張り出した構成とし、低重心化とタイヤの大径化による、俊敏な走りを予感させるプロポーションとした。フロントの「スピンドルグリル」はUX独自のブロックメッシュ形状とし、リヤのコンビネーションランプは左右一体の翼形状として個性を印象付けるものとした。 インテリアはドライビングの高揚感を演出するコックピットと視覚的な開放感を両立する仕上がり。低いドライビングポジションとステアリングを中心に操作系をレイアウトして「人とクルマの一体感」を創出。コンソール上面は人間工学に基づいてミリ単位で機能や操作系の配置を調整、アームレストの前端にオーディオスイッチを設定するなど、扱いやすい前方寄りのレイアウトとした。インテリアカラーはブルーをアクセントとした「コバルト」、モダンな空間をイメージした「ホワイトアッシュ」の2色を新たに開発、多彩なバリエーションを設定している。 フロントシートには伝統的な刺繍技法「刺し子」をモチーフとしたキルティングのシート表皮、和紙のような質感を表現したインストルメントパネル上面のオーナメントなど、日本の美意識を取り入れたデザインはレクサスならでは。さらに世界で初めて磁界共振方式の非接触給電技術を車載部品として採用、奥行き感のある発光で先進性を表現したエアコンレジスターノブなどが採用されている。 パワーユニットは新開発の2.0リッター4気筒直噴ガソリン。レーザークラッドバルブシートの採用により、シリンダー内の空気の渦と吸気流量の強化などで高速燃焼を追求、世界トップレベルの熱効率40%を実現。さらにピストン側面にレーザーでクロスハッチ状の細い溝を入れ、保油性を向上させる世界初の技術、レースエンジンの開発で培った高回転化技術も盛り込まれている。最高出力128kW(174ps/6600rpm、最大トルク209Nm/4000~5200rpmを発生し、ダイレクトシフトCVTが組み合わされる。 先進安全技術による予防安全パッケージ「レクサスセーフティシステム+」は機能をさらに進化させている。単眼カメラとミリ波レーダーの性能向上により、昼間の自転車運転者、夜間の歩行者の検知可能となったほか、同一車線の中央を走行できるように操舵を支援する「レーントレーシングアシスト」、「アダプティブハイビームシステム」などが搭載されている。 ガソリン車のラインアップはFFのみ。「バージョンL」、「Fスポーツ」、「バージョンC」、標準仕様の4グレードが設定されている。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
レクサス UXの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

レクサス UX買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にLINEヤフー株式会社が独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

現在 1年後 2年後
現在の走行距離
+1万km
+2万km

レクサス UXを一括査定した人のクチコミ・評判

選択した年式のクチコミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

車買取査定のお役立ち情報

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ