ランドローバー ディスカバリー4 2016年01月~モデルの買取・査定相場

ランドローバー ディスカバリー4
ジャガー・ランドローバー・ジャパンはミッドサイズSUVのディスカバリーに、外観デザインの変更や新エンジンの搭載、装備の充実化などの改良を加えた2014年モデルを、2013年11月12日に発売した。外観デザインはフロントマスクを中心にグリルやバンパー、ランプなどが変更され、より精悍な顔つきに変わった。バンパー上部はよりフラットでシャープに、下部のインテークは大型化している。また、ヘッドランプ、テールランプ、フォグランプなどもデザインが変更され、ドアミラーは新しくなった。アルミホイールは19インチと20インチの新デザインとなった。搭載エンジンは従来のV型8気筒5.0リッター自然吸気エンジンに代わり、V型6気筒3.0リッターのスーパーチャージャー仕様が搭載された。動力性能は340ps/450N・mを発生し、ZF社製の8速ATと組み合わされている。メカニズム面では、オフロードをあまり走らないユーザー向けに、シングルスピード・トランスファーボックスを導入した。これに伴って、テレインレスポンスの岩場モードと4X4インフォメーションがオプション設定に変更されている。このほか、小川や浅瀬、冠水した道路などを走行するときに水深について警告するウェイド・センシング機能、斜め後方からの接近車両を知らせるブラインド・スポット・モニター、駐車スペースから後退するときに横切る車両を知らせるリバース・トラフィック・ディテクションなどの運転支援システムも搭載された。2014年7月12日にはSEをベースに、エクステリアを精悍なブラックカラーで統一した特別仕様車「SE ブラックエディション」を50台限定で発売した。同年10月29日には2015年モデルを発売した。2015年モデルは4つの新色を加えてボディカラーのラインアップを変更したほか、アダプティブ・クルーズ・コントロールや20インチ鍛造ホイールなどをオプション設定した。2015年1月10日には2015年モデルのSEをベースに、トラクションやハンドリングを安定させるアクティブ・リア・ロッキングディファレンシャルや、過酷な悪路走行に有用な副変速機付トランスファー(ローレンジ/ハイレンジ)、サイドミラーのセンサーを活用して渡河時に水深を警告するウェイドセンシングなどを装備して、オフロード機能をさらに強化した特別仕様車「SE アウトドアパッケージ」を50台限定で発売した。2016年1月21日にはSEをベースにした特別仕様車「グラファイト・エディション」と、HSEをベースにした特別仕様車「ランドマーク・エディション」を発売した。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
ランドローバー ディスカバリー4の相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

ランドローバー ディスカバリー4を一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

車買取査定のお役立ち情報

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP