ホンダ 2017年09月~モデル(ステップワゴンスパーダハイブリッド )の買取・査定相場

ホンダ ステップワゴンスパーダハイブリッド
ホンダは、ステップワゴンスパーダにハイブリッドモデルを2017年9月28日に設定し、9月29日より発売した。新たに設定されたハイブリッド仕様は、パワフルかつ低燃費をアピールする「スポーツハイブリッドi-MMD」。搭載される2.0リッターアトキンソンサイクルDOHC i-VTECエンジンは主に発電に徹し、幅広い領域をモーターで走ることでスムーズかつ力強い加速とすぐれた静粛性を実現する。また、モーターのみで走行する「EVドライブモード」を発進時のみではなく、街中などのさまざまな場面で発揮させることも可能。JC08モード燃費はクラストップレベルの25.0㎞/Lを達成し、国際的な走行モードのWLTCモードでも20.0㎞/Lの経済性をアピールする。力強い加速や高速クルーズ時にはエンジンも活用した「ハイブリッドドライブモード」、エンジン直結クラッチでつなぎ、エンジンだけで走行する「エンジンドライブモード」もあり、スポーティな走りをもたらす「Sレンジ」も備える。動力性能は走行用モーターで最高出力135kW(184ps)/5000~6000rpm、最大トルク315Nm/0~2000rpm、エンジンでは最高出力107kW(145ps)/6200rpm、最大トルク175Nm/4000rpmの性能を発揮する。エクステリアはマイナーチェンジを受けたスパーダ(ガソリン車)と共通の独自性や存在感が強調されたフロントまわりを採用。ラインアップは「スパーダ ハイブリッドG・EXホンダセンシング」、「スパーダ ハイブリッドGホンダセンシング」、「スパーダハイブリッドBホンダセンシング」を設定し、最上級グレードとなるハイブリッドG・EXホンダセンシングには走行性能を高めるパフォーマンスダンパー、専用インテリア、サイドエアバッグなどが標準となる。安全運転支援システムの「ホンダセンシング」は全車に標準装備。「衝突軽減ブレーキ」をはじめ、「誤発進抑制機能」、「路外逸脱抑制機能」、「車線維持支援システム」、「先行車発進お知らせ機能」、「標識認識機能」、「歩行者事故低減ステアリング機能」が備わり、ハイブリッドのみに渋滞追従機能を備えた「アダプティブクルーズコントロール」が搭載されている。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
ホンダ ステップワゴンスパーダハイブリッドの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

ホンダ ステップワゴンスパーダハイブリッド 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にLINEヤフー株式会社が独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

ホンダ ステップワゴンスパーダハイブリッドを一括査定した人の口コミ・評判

買取カービューの愛車無料一括査定サービスで実際にステップワゴンスパーダハイブリッドの買取価格を比較したユーザーの口コミ・評判です。
見積もり社数と査定比較で得した金額をチェックしましょう!

PICK UP
神奈川県 60代男性
査定時期 2022年4月
最高売却額
250.0万円
見積り数
7社:最大20.0万円
査定満足度
4.0
グレード
スパーダハイブリッドG・ホンダセンシング
年式
2017年/平成29年
走行距離
50,001~55,000
ユーザーコメント

ディーラーの下取り額の妥当性確認と、より高く売却したかったので、見積もりをお願いしました。ディーラーより平均して15%程度高く見積もっていただいたが、売却日が確定した日より2週間程度前に再度見積もり依頼すればより正確な価格が分かるので、依頼してほしいとの事であった。

口コミをもっと見る
利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP