現在位置: carview! > 車買取・中古車査定 > 車買取相場を調べる > ホンダ > N-WGN > 2019年08月〜モデルの買取相場

ホンダ N-WGN 2019年08月~モデルの買取相場・査定価格

ホンダ N-WGN
ホンダは、軽乗用車の「N-WGN(エヌワゴン)」を2019年7月18日に発表、同年8月9日より発売した。 フルモデルチェンジを受けて2代目となったN-WGNは、「スズキワゴンR」や「ダイハツムーヴ」などと同様に、幅広い世代から支持を受けているハイトワゴン。今回のフルモデルチェンジではN-BOXのプラットフォームをベースにデザインやパッケージングを一新、低床フロアを生かした大空間の室内スペースも実現した。 エクステリアはシンプルかつクリーンな造形で丸目のヘッドライトにターンランプを重ねるフロントデザインは、かつての「ステップバン」を連想させるもの。ボディサイズは全長3395mm×全幅1475mm×全高1675mm(4WDは1695mm)、ホイールベース2520mm。先代に対して全高は20mm高くなった。 インテリアはブラウンとアイボリーのツートンカラーでコーディネート。さまざまな体格のドライバーが最適な運転姿勢を取れるように運転席にはハイトアジャスター、ステアリングにはホンダの軽では初となるチルト&テレスコピック機構を標準装備した。ホンダの特許技術となる「センタータンクレイアウト」を生かした低床化は室内空間にゆとりをもたらし、とくにラゲッジルームは先代に対して180mmの低床化を実現。重い荷物の積み込みがしやすく、荷室を上下に仕切るフロアボードを使うことで“高さ”を有効活用できるようにした。リヤシートを倒すことでフロアボードとほぼ段差のない広い空間が出現する。 パワーユニットは最高出力47kW(64ps)、最大トルク104Nmのターボと、最高出力43kW(58ps)、最大トルク65Nmの自然吸気エンジンを設定。全車にCVTが組み合わされ、実用燃費に近いとされるWLTCモードの計測値では、ターボが22.0㎞/L、自然吸気は23.2㎞/Lの燃費性能を実現している。 安全性能については、安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダセンシング)」を全タイプに標準装備。「誤発進抑制機能」、「歩行者事故低減ステアリング」、「先行車発進お知らせ機能」、「標識認識機能」、「路外逸脱抑制機能」、「LKAS(車線位置支援システム)」、「後方誤発進抑制機能」、「オートハイビーム」に加え、「衝突被害軽減ブレーキ(CMBS)」は横断する自転車の検知機能を追加、「ACC(アダプティブクルーズコントロール)」には渋滞追従機能付きになるなど、安心感・快適性が高められている。 ボディカラーはシングルトーン9色、ルーフがホワイトとなる2トーンを4色(L、Lターボ)を設定している。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
ホンダ N-WGNの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

ホンダ N-WGN買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にLINEヤフー株式会社が独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

現在 1年後 2年後
現在の走行距離
+1万km
+2万km

ホンダ N-WGNを一括査定した人のクチコミ・評判

選択した年式のクチコミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ