ホンダ フィット 2020年02月~モデルの買取・査定相場

ホンダ フィット
ホンダは、コンパクトカーの「フィット」を2020年2月13日にフルモデルチェンジ、翌2月14日より販売を開始した。4代目となるフィットは歴代フィットが築き上げた広い室内空間、多彩なシートアレンジ、すぐれた環境性能などを継承しつつ、新たにリラックスや癒やしといった「心地よさ」を盛り込むことを開発のテーマとした。新型フィットのこだわりとして取り上げたのが「4つの心地よさ」だ。心地よい視界を確保するためにフロントピラーは従来の半分以下の厚みとした。構造断面を変えることで十分な衝突安全性能を確保し、さらに水平・直線基調のインストルメントパネルやバイザーレスメーターを採用した。シートについても座った瞬間に心地よさが感じられる造りを目指し、フロントシートには骨盤から腰椎までを樹脂製マットで支えるボディスタビライジングシートをホンダとして初めて採用した。リヤシートについても大人がゆったりと座れる厚みのあるパッドを採用し、前後席ともに長距離ドライブでも疲れにくい快適な座り心地を実現したという。軽量化、高剛性化、高強度化を徹底したボディや衝撃を素早く吸収し、路面をしっかりと捉えるサスペンションの採用による快適な乗り心地、気軽に鞄などを置けるテーブルコンソールをフロントシート間に設置、収納レイアウトについても視線・動線を踏まえた配置とするなど、快適な移動をサポートする使い心地のよさを提供する。新型では使う人のライフスタイルやライフステージに合わせて選択できる5つの仕様をラインアップした。1:シンプルで自分らしさが光る「BASIC(ベーシック)」。2:生活になじむデザインと快適性を備えた「HOME(ホーム)」。3:毎日をアクティブに過ごしたい人のための「NESS(ネス)」。4:週末に出かけたくなるエンジョイライフに応える「CROSSTAR(クロスター)」。5:洗練と上質を兼ね備えたスタイリッシュな「LUXE(リュクス)」。細部のデザインはそれぞれの仕様で異なるものの、機能と心地よさを無駄のない美しさで包み込んだのが4代目フィット共通の特徴と言えよう。ボディサイズは全長3995㎜×全幅1695㎜×全高1515(FF)~1540(4WD)㎜、ホイールベース2530㎜。CROSSTARについては全長4090㎜×全幅1725㎜×全高1545㎜となる。ルーフレール装着車はFF&4WDともに全高が25㎜高くなる。パワーユニットは最高出力72kW(98ps)/6000rpm、最大トルク118Nm/5000rpmを発生する1.3LアトキンソンサイクルDOHC i-VTECエンジン。これに新開発となるCVTが組み合わされている。4WDは全車ビスカスカップリング方式が設定されている。燃費はWLTCモードで19.4~20.4 km/L、JC08 モードでは21.5~22.9km/L(いずれもFFの数値)を得ている。先進安全運転支援システム「ホンダセンシング」は全タイプに標準装備。広角なフロントワイドビューカメラと高速画像処理チップによって機能と性能を向上させており、一般道で歩行者が横から車道に侵入した場合や、高速道路で他車が自車前方に割り込んでも、いち早く検知する。また、ソナーセンサーを前後それぞれに4つ搭載。音波の反射を利用してガラスや外壁などの非金属物も高い精度で検知する。近距離衝突軽減ブレーキ、後方誤発進抑制機能、渋滞追従機能付きアダプティブクルーズコントロール(ACC)などが新たに搭載されている。ボディカラーは2トーンカラーも含め、全25色を仕様に応じて設定する。
もっと読む
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
ホンダ フィットの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

ホンダ フィット 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

ホンダ フィットを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP