フェラーリ ポルトフィーノ 2018年02月~モデルの買取・査定相場

フェラーリ ポルトフィーノ
フェラーリ・ジャパンは、昨年のフランクフルトモーターショーで発表された「フェラーリ・ポルトフィーノ」を、2018年2月19日に日本初披露した。「ポルトフィーノ」はリトラクタブル・ハードトップを採用した4シーターのクーペコンバーチブル。搭載されるリトラクタブル・ハードトップは低速走行中でも約14秒でベルリネッタ(クーペ)からオープントップ・スパイダーとなり、「カリフォルニアT」に対してスマートかつスポーツ性を際立たせたスタイリングを特徴とする。ラゲッジスペースはルーフのクローズ状態で292Lと広く、リヤシートのスペースと合わせてちょっとした小旅行に対応できるスペースが確保されている。パワーユニットは「カリフォルニアT」にも搭載され、2016年と2017年の2年連続で「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー」を受賞した3.9リッターV8ターボの改良バージョン。エンジン制御とソフトウェアの見直しによって最高出力441kW(600ps)/7500rpm、最大トルク760Nm/3000~5250rpmの性能を発揮する。0-100㎞/h加速3.5秒、0-200㎞/h加速10.8秒、最高速度320km/hのパフォーマンスを誇り、燃料消費量10.7L/100㎞の経済性も確保されている。ブレーキ性能についてもカーボンセラミックブレーキを標準装備。100㎞/hからの制動距離は34mという。ビークルダイナミクス特性も見直されており、このクラスとしては初搭載となる第3世代の電子リヤ・デファレンシャル(E-Diff3)は、F1-Tracとの組み合わせによりメカニカルグリップだけではなく、限界域でのコントロール性も改善されている。また、EPSとE-Diff3を統合することで高速走行時の安定性を犠牲にすることなく、ステアリングギヤ比を7%引き下げてステアリングレスポンスを向上。磁性流体(MR)ダンピングシステム(SCM-E)はデュアルコイル・テクノロジーによりロールを抑えながら乗り心地の向上に貢献している。装備については10.2インチ・タッチスクリーン画面のインフォテインメントシステム、ルーフの開閉にかかわらず快適性を向上させるエアコンシステム、新型ステアリングホイールのほか、18通りに調整可能なパワーシートは新デザインバックレストの採用によって、後席足元スペースが拡大されている。また、オープン時のキャビンに流入するエアフローを30%削減、風切り音を低減させる新ウインドディフレクターも装備された。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
フェラーリ ポルトフィーノの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

フェラーリ ポルトフィーノ 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

フェラーリ ポルトフィーノを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP