ダイハツ ハイゼットキャディー 2016年06月~モデルの買取・査定相場

ダイハツ ハイゼットキャディー
ダイハツは新型軽商用車の「ハイゼットキャディー」を2016年6月13日に発表、同日に発売を開始した。荷室の広さを最優先する商用モデルにあって、ハイゼットキャディーは「人の働きやすさ」に注目して開発された新ジャンルのコマーシャルバン。軽商用車ユーザーにヒアリングしたところ、荷物の積載量よりも室内の静かさ、足元の広さなどの運転のしやすさ、安全性を重視するユーザーに向けたモデルの需要があり、荷物優先のクルマ造りとは異なる商用モデルの開発が行われた。スタイリングでもおわかりのとおり、ハイゼットキャディーのベースとなっているのはウエイクだ。背の高さを生かしたウエイクはクラストップの室内空間をアピールするハイトワゴン。早い話、その広さを生かし、リヤシートを取り払って2シーターとしたのがハイゼットキャディーである。FFレイアウトを採用するため、エンジンが前席下に搭載されるセミキャブオーバーのハイゼットバンと比べてしまうと荷室のスペックでは太刀打ちすることはできない。しかし、FFレイアウトは低い乗員フロア高360mmと適度な高さのシート高750mmを実現し、まずは乗り降りのしやすさアピール。さらに荷室のフロア高も595mmと低く抑えられているため、荷物の積み下ろしがしやすい。大容量ラゲッジアンダートランク、助手席後方アンダートランクも用意され、荷室後方の大容量ラゲッジアンダートランクを活用することで商用バンクラスではトップとなる1485mmの荷室高を実現。背の高い荷物を立てたまま積載することも出来る。安全装備についてもダイハツ最新の安全装備となる衝突回避支援システム、「スマートアシストII」を一部グレードに標準装備。軽商用モデルとしては初めてレーザーレーダーとカメラ、ソナーセンサーを併用する。従来の軽商用車ではオプション設定のABSをはじめ、「VSC&TRC」、「エマージェンシーストップシグナル」、「ヒルホールドシステム」も全車に標準装備されている。FFレイアウトは静粛性の面でも有利で、音の侵入経路と吸遮音材の最適配置によって静粛性を向上。乗用車感覚の運転のしやすさ、ゆとりある空間による楽な運転姿勢が得られるのもメリットとなる。操縦安定性においてもウレタンバンプスプリングの採用、スタビライザーの標準装備などにより、ふらつきを感じさせない操縦安定性の高さ、乗り心地のよさも実現したという。また、商用車に求められる耐久性を確保するためにコイルスプリングのバネ定数、ショックアブソーバーの減衰力特性の最適化なども行われている。パワーユニットは3気筒の自然吸気とターボを設定し、すべてのモデルでCVTが組み合わされる。FFと4WDが設定され、FFの自然吸気モデルは25.0km/Lの経済性を実現。全車がエコカー減税の免税もしくは減税対象となっている。荷室は軽商用としては初となる樹脂製フロアを採用。2シーターのフラットなフロアとすることでスムーズな荷物の積み降ろしも可能だ。豊富なパックオプションも用意され、装備を充実させることで乗用車並みの快適なモデルに仕立てることもできる。ボディカラーは標準色をホワイトとして設定し、その他5色のボディカラーをカラーパック(オプション)として用意。ユーザーの好みに応じて選べる楽しさも提供される。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
ダイハツ ハイゼットキャディーの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

ダイハツ ハイゼットキャディー 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

ダイハツ ハイゼットキャディーを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP