シトロエン 2022年11月~モデル(C5 エアクロスSUV )の買取・査定相場

シトロエン C5 エアクロスSUV
ステランティスジャパンは、シトロエンのクロスオーバーモデルとなる「C5エアクロスSUV」をマイナーチェンジして、2022年11月1日に発売した。今回のマイナーチェンジでは、丸みを帯びたフロントフェイスを、新たに直線的なデザインに変更した。中央には独立タイプのダブルシェブロンを配置して、その左右に向けて縦型クロームのドットが走り、ヘッドライト内部の上下に伸びるデイタイムランニングライトへと繋っている。また、シトロエンの新世代フェイスの特徴であるV字型シグネチャーライトを採用。フロントバンパー下部にあるエアインテークのグリッドは、シトロエンの象徴であるダブルシェブロンをモチーフとしたもので、ボトムにはスキッドプレート風の装飾を追加した。フロントサイドのエアスクープとボディサイドのエアバンプには、アクセントカラーを設定。リアのLEDライトクラスターは、3D効果が際立つ立体感を強調するデザインに変更した。ルーフはブラックのルーフレールと一体となるようなバイトーンにすることで、フォルム全体を引き締めている。インテリアでは、シトロエン独自のアドバンストコンフォートシートを全席に広げて採用した。同シートでは、ベースに低反発効果のある高密度ウレタンを用いて、表層部に15mmの厚さでやわらかなスポンジを挟む手法が用いられている。後席にはフルサイズの3席独立シートを採用。3席ともに同じ座面幅で、それぞれにリクライニング機能と150mmの前後スライド機能を備えており、好みに応じて調整が可能。上級グレードの「シャインパック」のシートは、ダークブルーのナッパレザーと、座面と背もたれの中央部分は黒のパーフォレーテッドレザーのコンビネーションを採用。フロントシートヒーターや、シートバックに内蔵された8つのエアサポートで、長距離ドライブを快適にする運転席マルチランバーサポートを採用した。「シャイン」のシートは、背もたれ中央部分がアルカンタラ、サイド部はテップレザーを用いている。いずれのシートにも、ダブルシェブロンをモチーフとしたブルーのステッチを施した。ブラックダッシュボードおよびドアアームレストのステッチもブルーで統一。センターコンソールは、コンパクトなシフトセレクターとドライブモードセレクターを採用して、小物入れの収納スペースを拡大した。足元のペダル類はアルミ仕様で仕上げている。足回りは、定評あるシトロエン独自のハイドロニューマチックサスペンションの流れをくむ最新のシステム「プログレッシブハイドローリッククッション (PHC)」 を継承。ショックアブソーバー内にセカンダリーダンパーを組みこむことで、従来のシステムでは吸収しきれなかったショックを抑制して、快適な乗り心地を実現しているという。その他、セーフティ&ドライバーアシストも最新のものにアップデート。アクティブクルーズコントロールには、走行ポジションを維持するレーンポジショニングアシストと、渋滞時の車両停止後、再発進を自動で行うトラフィックジャムアシスト機能を統合。また、ブラインドスポットモニターやパークアシスト、インテリジェントハイビームなどを搭載した。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
シトロエン C5 エアクロスSUVの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

シトロエン C5 エアクロスSUV 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にLINEヤフー株式会社が独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

シトロエン C5 エアクロスSUVを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

車買取査定のお役立ち情報

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP