BMW 3シリーズ 2019年09月~モデルの買取・査定相場

BMW 3シリーズ
BMWは、ワゴンボディの新型「3シリーズ ツーリング」を2019年9月26日に発表、同年11月以降に順次納車を開始する。象徴的なキドニー・グリルを継承し、新世代のデザインコンセプトを採用した3シリーズ ツーリングは、全長4715mm×全幅1825mm×全高1460~1475mm、ホイールベース2850mmのボディとなった。先代に対して全長70mm、全幅25mm、ホイールベース40mmの拡大となったが、同時にボディの軽量化も実施されている。ラゲッジスペースは先代モデルに対して5L増加した500L、後席を倒すことで10L増加の1510Lを確保した。インテリアデザインは3シリーズセダンに準じており、10.25インチのコントロールディスプレイと12.3インチのフルデジタルメーターパネルを備えた新世代コクピット・コンセプトを採用した。さらにAIを活用したBMWインテリジェント・パーソナル・アシストを導入した。これは音声によって車両の操作、情報へのアクセスが可能であり、より自然な会話に近い言葉で適切な機能やサービスを起動可能としている。パワーユニットは4種類を設定する。「330i」と「320i」にはチューニングの異なる2.0リッター直4ガソリンターボを搭載。「330i」は最高出力190kW(258ps)/5000rpm、最大トルク400Nm/1550~4000rpmを発生、「320i」は日本専用のチューンとなる最高出力135kW(184ps)/5000rpm、最大トルク300Nm/1350~4000rpmを発生する。さらに「320d」には最高出力140kW(190ps)/4000rpm、最大トルク400Nm/1550~4400rpmを発生する2.0リッター直4ディーゼルターボ、「M340i」には最高出力285kW(387ps)/5800rpm、最大トルク500Nm/1800~5000rpmの3.0リッター直6ガソリンターボが搭載される。運転支援システムはハンズオフ機能付き渋滞運転支援機能を320i SEを除いた全車に搭載。さらにアクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付き)、レーンチェンジウォーニング(車線変更警告システム)、レーンディパーチャーウォーニング(車線逸脱警告システム)、衝突回避・被害軽減ブレーキ(事故回避ステアリング付き)、クロス・トラフィック・ウォーニングなどを全車に標準装備。また、車両が直前に前進したルートを最大50mまで記憶し、同じルートをバックで正確に戻ることが可能なリバース・アシスト機能を備えた「パーキング・アシスタンス」を装備した(320i SEを除く)。2020年4月1日には価格改定を実施した。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
BMW 3シリーズの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

BMW 3シリーズ 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

BMW 3シリーズを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP