BMW Mモデル 2020年09月~モデルの買取・査定相場

BMW Mモデル
BMWは、高性能セダン「M5」を2020年9月29日にマイナーチェンジ、同日より販売を開始した。今回のマイナーチェンジでは、ヘッドライトにL字型LEDライトを採用。ダブルバーキドニーグリルやボディ側面のエアブリーザーにMギルを装着して、高性能イメージを強調。リヤのL字型コンビネーションランプもより立体的な造形とし、周囲をブラックアウト化することで精かんな印象とした。インテリアは、赤色のスタート/ストップボタンをはじめ、Mレザーステアリング、Mのロゴとカラーステッチが施された新デザインのセレクターレバー、カーボンファイバー製のインテリアトリム、新開発のスポーツシートを採用するなど、モータースポーツ由来のアグレッシブさとラグジュアリーな優雅さを兼ね備えた仕上がり。パワーユニットは従来型と共通。M5には最高出力441kW(600ps)/6000rpm、最大トルク750Nm/1800~5600rpmを発生する4.4リッターV8ターボを、M5コンペティションは同ユニットながら最高出力は460kW(625ps)に高められている。走行系においてはブレーキ制御の各機能をコンパクトに統合、非バキューム式のブレーキブースターを採用することで約2kgの軽量化を実現。ブレーキ圧は電動アクチュエーターによって生成され、より素早く正確な制御が可能になったという。さらにM専用の「インテグレーテッドブレーキシステム」により、ドライバーは任意に車両の減速度を調整出来、モードに応じてブレーキペダルの踏み込み量を変更することが可能となった。さらに新システムとして、センターコンソールに「M MODE(Mモード)」ボタンを追加。これによりメーターパネル、ヘッドアップディスプレイの表示方法、運転支援システムの介入レベルを「ROAD(ロード)」、「SPORT(スポーツ)」いずれかのモードに変更可能。「ROAD」は基本設定としてすべての運転支援システムが有効となり、「SPORT」は任意に設定した情報に基づき、前車接近警告および衝突回避・被害軽減ブレーキを除いたすべてのブレーキやステアリングシステムへの介入を無効にすることが可能だ。運転支援システムは5シリーズに準じており、高性能3眼カメラ&レーダー、および高性能プロセッサーによる高い解析能力によって精度と正確性を向上。また、高速道路での渋滞時にステアリングから手を離して走行が可能な「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援機能」、車両が直前に前進したルートを最大50mまで記憶し、同じルートをバックで正確に戻ることのできる「リバースアシスト」も採用されている。また、AI技術を活用し、音声だけで車両の操作、情報へのアクセスが可能となる「BMWインテリジェントパーソナルアシスタント」、総合テレマティクスサービスの「BMWコネクテッドドライブ」を標準装備する。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
BMW Mモデルの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

BMW Mモデルを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP