アウディ Q3 スポーツバック 2020年08月~モデルの買取・査定相場

アウディ Q3 スポーツバック
アウディ ジャパンは、SUVの「Q3スポーツバック」を2020年7月7日に発表、同年8月19日より販売を開始した。新設定のQ3スポーツバックはクーペのエレガントさを印象づけるスタイリングが最大の持ち味となる。フロントにはQシリーズ専用のオクタゴン(八角形)シングルフレームグリルを装着。シャープなLEDヘッドライト、大型のエアインレットなどは「Q3」と共通のイメージだが、Q3の格子状のシングルフレームグリルに対して、Q3スポーツバックはハニカム状となる。ボディサイズは全長4500~4520㎜×全幅1840~1855㎜×全高1565㎜、ホイールベース2680㎜。インテリアはQ3と同様、オクタゴンのシングルフレームグリルをモチーフとしたデザインがインストルメントパネルに配された。アウディの上位モデルに共通する10.25インチのフル液晶ディスプレイ式デジタルインストルメントクラスター、タッチスクリーンを備えたMMIを設定。セーフティ機能やドライバーアシスタンスシステムも搭載されており、事故を予防、衝撃を軽減する「アウディプレセンスフロント」に加え、「アウディサイドアシスト」、「アウディアクティブレーンアシスト」、アダプティブクルーズコントロール、サラウンドビューカメラなどが用意されている。約4.5mの扱いやすい全長でありながらロングホイールベースの採用のおかげで居住空間にも余裕がある。リヤシートは前後スライドやリクライニングが可能。ラゲッジスペースは通常使用時で530L、リヤシートを格納することで最大1400Lに拡大される。フロアボードは高さを変更することが出来、フロア下にリヤパーセルシェルフを格納することができる。パワーユニットは最高出力110kW(150ps)/5000~6000rpm、最大トルク250Nm/1500~3500rpmを発生する1.5リッター直4ガソリンターボ(1.5TFSI)と、最高出力110kW(150ps)/3500~4000rpm、最大トルク340Nm/1750~3000rpmを発生する2.0リッター直4ディーゼルターボ(2.0TDI)を設定。組み合わされるトランスミッションはツインクラッチの7速Sトロニックとなり、2.0TDI搭載モデルには電子制御多板クラッチを用いたフルタイム4WD(クワトロ)が組み合わされる。WLTCモード燃費は1.5TFSIが14.2km/L、2.0TDIは15.4km/L。2021年10月1日には価格改定を実施した。2022年4月1日には価格改定を実施した。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
アウディ Q3 スポーツバックの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

アウディ Q3 スポーツバック 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

アウディ Q3 スポーツバックを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

車買取査定のお役立ち情報

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP