アウディ A6アバント (ワゴン) 2019年03月~モデルの買取・査定相場

アウディ A6アバント (ワゴン)
アウディ ジャパンは、アッパーミドルクラスのステーションワゴン「アウディA6アバント」を2019年3月12日に発表、同年3月20日より販売を開始した。新型となった「A6アバント」はスポーティなボディラインと、先代と同様に広大なラゲッジコンパートメントを備えている。1050mmの荷室の積載幅、標準状態で565L、リヤシートのバックレストを倒した状態では1680Lの積載容量を確保する。エクステリアはシャープなラインと伸びやかなサーフェス、縦方向に絞ったリヤウインドーを特徴とし、長いボンネットと緩やかに流れるルーフラインによってエレガントかつスポーティなまとまりを見せている。ボディサイズは全長4950mm×全幅1885mm×全高1465mm、ホイールベース2925mm。先代よりもわずかに大きく、リヤシートのレッグルーム、フロントおよびリヤシートのヘッドルームとショルダールームはさらに拡大している。インテリアは流れるような造形のインストルメントパネル、左右に連続した水平ラインが広々とした印象を与え、センターコンソールには直感的な操作とカスタマイズの可能な大型ディスプレイ、「MMIタッチレスポンス」がドライバー側に向けられて設置される。このMMIタッチレスポンスは上下2画面で構成され、アッパーディスプレイはインフォテインメントシステム用、ローワーディスプレイは空調コントロールやテキスト入力などに使用する。MMIナビゲーションプラスは日本仕様では標準装備となり、最上位のデータ転送モジュールは、新しいLTEアドバンストに対応している。パワーユニットは3.0リッターV6直噴ターボ。最高出力250kW(340ps)/5200~6400rpm、最大トルク500Nm/1370~4500rpmを発生し、0-100㎞/h加速5.1秒(欧州発表値)、最高速度250㎞/h(リミッター作動)を発揮する。このユニットにはベルト駆動式オルタネータースターター(BAS)とリチウムイオン電池で構成されるMHEVテクノロジーが組み込まれ、55~160㎞/hの間ではエンジンを止めて走行するコースティング機能、22㎞/h以下で作動するスタート&ストップ機能が盛り込まれる。トランスミッションは7速Sトロニックで駆動方式はクワトロのみ。ステアリングを切るにつれてダイレクトなレシオに変化するプログレッシブステアリングを採用し、先代よりもスポーティなハンドリング特性とした。ダイナミックオールステアリングホイール(4輪操舵)も設定され、すぐれた操縦安定性と市街地における良好な取り回し性を実現したという。ドライバーアシスタンスシステムでは、アクティブレーンアシストやトラフィックジャムアシストを含む「アダプティブドライブアシスト」をはじめ、見通しの悪い交差点などで動作する「フロントクロストラフィックアシスト」、全方位からの事故について予防し、被害軽減を図る「プレセンス360」が装備される。なお、導入を記念した期間限定車として、装備バランスを検討して価格を955万円とした「55TFSIクワトロ デビューパッケージ」がリリースされている。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
アウディ A6アバント (ワゴン)の相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

アウディ A6アバント (ワゴン) 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

アウディ A6アバント (ワゴン)を一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

車買取査定のお役立ち情報

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP