アウディ A4オールロード クワトロ 2016年09月~モデルの買取・査定相場

アウディ A4オールロード クワトロ
アウディジャパンは、プレミアムクロスオーバーのアウディA4オールロードクワトロをフルモデルチェンジして2016年9月6日に発売した。アウディA4アバントをベースとし、SUVのすぐれた走破性能を融合したオールロードクワトロはこれで2代目となる。新型は初代のコンセプトを継承しつつ、デザインやメカニズムを刷新。さらにアシスタンスシステムやアウディコネクトなどを導入することで現代的なオールラウンダーに仕立てられている。ベースとなったアウディA4アバントに対して、グランドクリアランスを30mm拡大。全高が高くなり、クローム仕上げのシングルフレームグリル、張り出したホイールアーチ、サテライトシルバーのアンダーボディプロテクション/リヤディフューザーなどを装着。これらによりベースモデルとの差別化が図られ、クロスオーバーならではの存在感を見出すことができる。パワーユニットは従来型よりもパワーで20kW(28ps)、トルクも20Nmの性能向上を果たし、最高出力185kW(252ps)、最大トルク370Nmを発揮する2.0リッター直列4気筒のTFSIエンジン。デュアルインジェクション、2系統の冷却回路、シリンダーヘッドと一体化した排気マニフォールドの採用などにより、幅広い運転領域で燃焼効率を改善。ボディの軽量化(-90kg)、7速Sトロニックとの組み合わせにより、JC08モード14.6km/Lの経済性を実現。従来型に比べ9%の燃費改善となった一方、0-100km/h加速6.1秒のパフォーマンスを備えている。標準装備されるクワトロシステムは新開発の「ウルトラテクノロジー」を用いたことで、100%前輪駆動で走行が可能となった。無駄な駆動抵抗を減らし、実走行での伝達効率を大幅に改善したシステムだ。4WDが必要となる状況ではシステムが走行状況を先読みし、4輪のトラクションが必要となる寸前に2つのクラッチが素早く接続して、クワトロモデル本来の走行性能が発揮される。最新のアシスタンスシステム「アウディプレゼンス」は標準装備となる。カメラと複数のセンサーを用いた衝突予防システム「アウディプレゼンスシティ」、衝突時の乗員保護能力を高める「アウディプレゼンスベーシック」、車線キープをサポートする「アウディアクティブレーンアシスト」などが盛り込まれる。また、「アダプティブクルーズコントロール」使用中の渋滞時にアクセル/ブレーキだけではなく、ステアリング操作にも必要な介入を行い、ドライバーの負担を軽減する「トラフィックジャムアシスト」も標準で装備されている。ラゲッジルーム容量は従来型よりも拡大された505~1510リットルを確保する。ユーティリティについてもオールラウンドな資質を備えたモデルとなっている。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
アウディ A4オールロード クワトロの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

アウディ A4オールロード クワトロ 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

アウディ A4オールロード クワトロを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP