アウディ A3(セダン) 2017年01月~モデルの買取・査定相場

アウディ A3(セダン)
アウディジャパンは、プレミアムコンパクトカーの「アウディA3セダン」を一部改良して、2017年1月26日に発売を開始した。デビュー以来となる3年4ヵ月ぶりの商品改良は、内外装のリニューアル、パワートレイン系の変更、アシスタンスシステムや機能面での充実などが行われている。エクステリアは従来からのシングルフレームグリル、バンパー、ヘッドライト、リヤディフューザーなどのデザインを一新。シングルフレームグリルは幅がやや拡大し、六角形を強調するデザインとなった。またフロントバンパーは左右のエアインテーク部がより立体的な造形となり、上方のヘッドライトにもよりシャープな輪郭が与えられた。ヘッドライトはバイキセノンが標準。オプションのLEDヘッドライトを選択すると、リヤコンビランプに「ダイナミックターンインディケーター」が組み込まれる。パワーユニットは前輪駆動モデルは従来と同じく1.4リッターTFSIエンジンに7速Sトロニックを踏襲するが、クワトロは従来の1.8リッターTFSIに代え、「Bサイクル」と呼ばれるミラーサイクルの原理を取り入れた、2.0リッターTFSIに置き換えられている。圧縮比を11.6と高く設定したことで高効率に貢献し、最高出力140kW(190ps)、最大トルク320Nmの性能とJC08モード16.0km/Lのすぐれた経済性を実現した。安全のためのアシスタンスシステムについては、車間距離と速度を自動で制御する「アダプティブクルーズコントロール」追突防止/歩行者保護のための自動ブレーキ機能を含めた「アウディプレゼンスフロント」を全モデルに標準装備。さらに車線維持操作を助ける「アウディアクティブレーンアシスト」、車線変更時の危険を減らす「アウディサイドアシスト」、渋滞時のドライバーの負担を軽減する「トラフィックジャムアシスト」などの先進システムも選択可能。これらは2017年夏以降の販売車両より「セーフティパッケージ」としてオプション設定される。操作性・機能面においてはアウディTTやA4などに採用済みのフルデジタルの多機能ディスプレイ「バーチャルコクピット」がA3シリーズでも選択可能となった。MMIコントロールユニットも操作ロジックが全面的に刷新されて使いやすくなったほか、オプションのナビゲーションシステムとの組み合わせで「アウディスマートフォンインターフェイス」が使えるようになり、スマートフォンと接続することで車載のモニターで特定のアプリの操作が行えるようになった。2018年1月1日には価格改定を実施した。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
アウディ A3(セダン)の相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

アウディ A3(セダン) 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

アウディ A3(セダン)を一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

車買取査定のお役立ち情報

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP