アウディ A3(セダン) 2014年08月~モデルの買取・査定相場

アウディ A3(セダン)
アウディは主力モデルのA3に4ドアセダンを設定し、2014年1月14日に発売した。アウディとして初めてプレミアムコンパクトスポーツセダンのジャンルに参入するモデルとなる。基本プラットホームはA3スポーツバックと共通で、ボディの後部に独立したトランクを設けてセダンボディとしている。ボディの全幅は1795mmに抑えられ、延長された全長も4465mmと手頃なサイズであり、日本の交通インフラにも適したサイズとされている。ボディで熱間圧延を採用した高張力鋼板を採用したほか、ボンネットフードやサスペンションにアルミを採用するなどして軽量化を図っている。外観デザインはシングルフレームグリルがアウディのアイデンティティーを表現するとともに、後部ピラーの部分まで水平に伸ばされたルーフラインを特徴とし、これが流れるようにショルダーラインとつながるスタイリッシュなデザインに仕上げている。後方に向けて切り上がっていくボディサイドのキャラクターラインもスポーティな雰囲気を演出する。インテリアは全体にアウディらしい質感を備えたもので、水平基調のダッシュボードとラップラウンドデザインが特徴。エアコンの吹き出し口、エレガントなコントロールスイッチ、立体的なデコラティブパネルなどを採用する。搭載エンジンは3機種でいずれもTFSI仕様だ。ベースの1.4リッターは90kW(122ps)/200N・m、1.4リッターの気筒休止システム付き仕様は103kW(140ps)/250N・m、1.8リッターは132kW(180ps)/280N・mの動力性能を発生する。駆動方式は、1.4リッターがFFで7速のSトロニックと、1.8リッターはクワトロで6速の油圧式Sトロニックと組み合わされている。燃費性能も向上し、1.4リッター車はエコカー減税の免税の対象となる。装備はMMIベーシックが全車に標準装備されるのを始め充実した快適装備を備えるほか、安全装備も衝突被害軽減機能を持つアウディセーフティガードも全車に標準となる。アダプティブクルーズコントロールは全車にオプション設定だ。グレードは1.4TFSI、1.4TFSI+COD(気筒休止)、1.8TFSIクワトロの3グレードが設定されている。2014年8月20日には一部改良を行い、1.4 TFSI シリンダー・オン・デマンドと1.8 TFSI クワトロにアウディ・ブレーキガード付きアダプティブ・クルーズコントロールを標準装備した。さらにエクステリアやインテリアを専用パーツでスポーティに仕立てたSラインパッケージをオプションで追加設定した。また全車にLEDライトパッケージ(ヘッドライト+ルームライト)をオプション設定した。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
アウディ A3(セダン)の相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

アウディ A3(セダン) 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

アウディ A3(セダン)を一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

車買取査定のお役立ち情報

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP