アストンマーティン DBX 2019年11月~モデルの買取・査定相場

アストンマーティン DBX
アストンマーティンは、同社初のSUVとなる「DBX」を2019年11月20日に発表した。106年の歴史を持つ英国ラグジュアリーブランドでは初のSUVとなる「DBX」は、SUVならではの実用性とスポーツカーとしてのパフォーマンスを融合したモデル。ボディはスポーツカーの開発を通じて改良を重ねてきた接着アルミニウム構造の技術を用いて設計された。ボディは、全長5039mm×全幅1998mm×全高1680mm、ホイールベース3060mmの大きさでありながら車両重量は2245kgに抑えられている。エクステリアはアストンマーティン・スポーツカーのエレガンスをSUVの世界に採り入れたもので、フロントエンドの象徴的な「DB」グリルから彫刻的な曲面を描いたサイドパネル、フィーチャーライン、「Vantage」からインスピレーションを得たフリップ付きテールゲートに至るまで、アストンマーティンらしい仕上がりを見せる。室内は前後シートとも広さと快適性の得られる造りで、アストンマーティンとしては初となる5人乗りとした。ラゲッジルームも632Lの容量が確保されており、40:20:40の分割可倒式リヤシートにより、スーツケース、ゴルフバッグ、スキー用具などの荷物を積載することが可能だ。インテリアは“ハンドクラフト”をアピールし、シートは最高級のフルグレイン・レザーを採用。ヘッドライニングと電動ルーフブラインドはアルカンターラ仕上げとなり、キャビン全体を通して厳選されたメタル、ガラス、ウッドを使用している。また、モダンなウッドパネル、複合材、金属パネルなどをオーナーの好みに応じて変更することも可能という。ディスプレイには最先端のテクノロジーが採用されており、10.25インチのTFTスクリーンはセンターコンソールにエレガントに収納することができる。豊富な情報をドライバーに伝え、AppleCarPlayに加えて360°カメラシステムと2つのゾーンで64種類のカラーを提供するアンビエントライトも標準となる。パワーユニットは「DB11」および「Vantage」にも搭載されている4.0リッターV8ツインターボ。最高出力550ps、最大トルク700Nmを発生し、9速ATとの組み合わせとなる。4WDシステムはアクティブセンタートランスファーケースと組み合わせることで、オンロードからオフロード、牽引時(最大2.7トンに対応)でもスムーズな走りが得られるという。動力性能についても0-100km/h加速4.5秒、最高速は291㎞/hに到達する。また、燃料消費量を削減するため、シリンダー休止機構も備わっている。足まわりはアダプティブトリプルチャンバーのエアサスペンションを装着。最新の「48Vエレクトリック・アンチロール・コントロール・システム(eARC)」と「エレクトリック・アダプティブ・ダンパー」の組み合わせにより、高い走破力を実現。ライドハイトは45mm上昇、あるいは50mm下降させることも可能で、乗員の乗り降りや荷物の積載時でも有効だ。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
アストンマーティン DBXの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

アストンマーティン DBXを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP