ボルボ S60 2016年08月~モデルの買取・査定相場

ボルボ S60
ボルボ・カー・ジャパンは新世代パワートレーンを搭載したボルボS60ポールスターを2016年8月5日に発売した。日本において3度目のリリースとなるS60ポールスターはエンジンを一新。従来型は3.0リッターの直6を搭載していたが、新型はこれまでで最強となる367馬力を発揮する新世代ドライブE2.0リッター直4を搭載する。このユニットはFIA世界ツーリングカー選手権(WTCC)に参戦しているポールスター・シアン・レーシングの「S60ポールスターTC1レーシングカー」テクノロジーが注がれ、ベースとなるシャシーとエンジンにはレーシングカーと同一のテクノロジーが反映されている。新世代ドライブE T6をベースに、ターボチャージャーの大型化およびスーパーチャージャーの強化、コンロッドとカムシャフトの見直し、エアインテークの大型化、燃料ポンプの大容量化などの変更により、エンジン性能を向上。2.0リッターエンジンとしてはトップクラスのパフォーマンスを実現しており、0-100km/h加速はS60ポールスターが4.7秒、V60ポールスターでは4.9秒(ともに欧州仕様参考値)、最高速250km/h(リミッター作動)を実現している。走行メカでもボルグワーナー社の4WDシステムと新たにスポーツプラスモードを採用し、スポーツドライビングに寄与するパドルシフト付き8速AT、専用にチューニングされた電動パワステ、新採用の371㎜スロットフロントブレーキディスク、ブレンボ製6ポッドキャリパー、オーリンズ製DFVダンパーなどで走りの性能を強化。20インチのアルミホイールは新デザインとした。4気筒エンジンの搭載により、フロントアクスルを中心に車両重量の軽量化も実現。前後の重量配分が向上したことでハンドリングにもいい影響を与えている。環境性能についても12.2km/L(JC08モード)の燃費を実現し、燃料消費率を最大27%改善している。同年8月10日には、特別仕様車「S60 D4 ダイナミックエディション」を発売した。「D4 ダイナミックエディション」は「D4 SE」をベースに、専用グロッシーブラックパーツや専用18インチアルミホイール、スポーツレザーシートを採用。またフロント8ウェイ・パワーシートやフロントシートヒーター、12セグ地上デジタルTV(リモートコントロール付)などを装備して、.快適性を向上した。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
ボルボ S60の相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

ボルボ S60 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

ボルボ S60を一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP