フォルクスワーゲン アルテオン 2017年10月~モデルの買取・査定相場

フォルクスワーゲン アルテオン
フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、日本における新たなフラッグシップモデルとなる「アルテオン」を2017年10月17日に発表、同年10月25日より販売を開始した。フォルクスワーゲンシリーズの頂点に立つアルテオンは、流麗なファストバックデザインを特徴とするミドルクラスの4ドアクーペ。全長4865mm×全幅1865mm×全高1435mmのボディはパサートよりもひとまわり大きく、ホイールベース(2835mm)も長い。パサートよりもワイド&ローが強調され、サッシュレスのドアを採用することでスポーティな仕上がりを見せている。インテリアにはブラック基調のR-Lineデザインを採用し、ナパレザーを用いたシートトリム、本アルミを用いたデコラティブパネル、ピアノブラックのセンターパネルなどと相まって、フラッグシップに相応しい上質さを兼ね備えている。MQBプラットフォームのおかげで広大な室内空間を確保し、とくにリヤシートはクラストップレベルのレッグルームと長いルーフがもたらす頭上空間により、ワンランク上の快適性を実現したという。ラゲッジルームは563L~1557Lとステーションワゴン並みの積載能力を持つ。装備ではジェスチャーコントロール機能を備えた純正インフォテイメントシステム「ディスカバープロ」に加え、デジタルメータークラスター「アクティブインフォディスプレイ」、ヘッドアップディスプレイなど、最新のデジタルインターフェースを採用。先進的なデザインとともに高い機能性も備えている。パワーユニットは、最高出力206kW(280ps)/5600~6500rpm、最大トルク350Nm/1700~5600rpmを発生する2.0リッター4気筒TSI。ギヤボックスにはより大きな入力に対応した湿式7速DSGが組み合わされ、電子制御油圧多板クラッチを用いた4WDシステム「4MOTION」を採用する。先進安全技術も数多く採用されている。標準装備の「プロアクティブ・オキュパンド・プロテクション」には、後方からの衝突予測機能が追加され、前方に加え後方からの事故の起きる可能性を予測し、早い段階で乗員保護性能の作動に備えることが可能となっている。それ以外にも日本ではフォルクスワーゲン初採用となる「デイタイムランニングライト」、万が一の事故の際に歩行者への衝撃を緩和する「アクティブボンネット」など、多数の安全装備を標準化。さらに渋滞時追従支援システム「トラフィックアシスト」、自動運転を見据えた運転支援システムや駐車支援システム「パークアシスト」なども設定されている。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
フォルクスワーゲン アルテオンの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

フォルクスワーゲン アルテオン 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

フォルクスワーゲン アルテオンを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP