スズキ 2022年08月~モデル(スペーシアベース )の買取・査定相場

スズキ スペーシアベース
スズキは、軽商用車の新型「スペーシアベース」を2022年8月26日に発売した。新型「スペーシアベース」は、「遊びに仕事に空間自由自在。新しい使い方を実現する軽商用バン」をコンセプトに開発。軽乗用スーパーハイトワゴン「スペーシア」をベースに、商用車に求められる積載性や広い荷室空間、使い勝手のよさと、乗用車のデザインや快適性、運転のしやすさを融合した新型軽商用車である。パッケージングは、隙間のないフルフラットなフロアと低く抑えた荷室開口地上高による、使いやすく荷物が出し入れしやすい荷室空間と、スペーシアと同等の乗り降りしやすいシート高や乗り心地のよいフロントシートによる、快適な前席空間を両立。また全車標準装備のマルチボードを使って、車中泊やワーケーションなど、目的に合わせて室内空間を自由にアレンジすることが可能となっている。さらに、オーバーヘッドシェルフやリヤクォーターポケット、フロアコンソールトレーなど多彩な収納スペースを設置したほか、ユーティリティーナットやLEDルームランプ、運転席&助手席シートヒーター、助手席シートバックテーブル、防汚タイプラゲッジフロア、USB電源ソケット[Type-A/Type-C]などを装備した。デザイン面では、フロントグリルやドアハンドル、ドアミラー、バックドアガーニッシュなどの加飾をブラックで統一。リヤクォーターパネルやチェッカープレートをモチーフにした専用エンブレムを採用した。またインパネカラーパネルやリヤクォーターポケットなどのアクセントカラーにグレーイッシュブルーを採用している。安全面は、夜間の歩行者も検知するデュアルカメラブレーキサポートなどを搭載するスズキ セーフティ サポートを全車に標準装備。加えて「XF」は全車速追従機能付きのアダプティブクルーズコントロール(ACC)を採用している。また、すれ違い支援機能を搭載した全方位モニター用カメラをメーカーオプションとして設定した。さらに、LEDヘッドランプやLEDフォグランプを全車に標準装備して、安全機能を充実させた。ボディカラーは、新たに「モスグレーメタリック」を設定して、全5色のラインアップとしている。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
スズキ スペーシアベースの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

スズキ スペーシアベース 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にLINEヤフー株式会社が独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

スズキ スペーシアベースを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP