プジョー 308 (ハッチバック) 2014年11月~モデルの買取・査定相場

プジョー 308 (ハッチバック)
プジョー・シトロエン・ジャポンはプジョーブランドの中核モデルとなる308をフルモデルチェンジし、2014年11月5日に発売すると発表した。プジョーはこれまで、フルモデルチェンジを重ねるごとにひと桁目の数字を変化させてきたが、今回はフルモデルチェンジで308の名前を継承することになった。新型308は外観デザインはプジョーの新しい世代を示すものとすると同時に、プジョーならではの独特のデザインを採用し、新しさと力強さを表現している。5ドアハッチバックのボディは従来のモデルに対して全長、全幅、全高ともひと回り小さくなり、しばらく続いていたボディの拡大傾向に歯止めがかけられた形だ。インテリアはアイ・コクピットと呼ぶ仕様が特徴で、小径ステアリングホイール、ヘッドアップインストルメントパネルを始め、視認性と操作性を一体化したタッチスクリーンなど、ドライバー重視の設計となっている。基本となるプラットホームはプジョー・シトロエングループが新たに開発したEMP2と呼ぶ次世代モジュラープラットホームで、高張力鋼板やアルミ、複合素材などを使うことで、ホワイトボディで従来に比べて70㎏の軽量化を実現した。上級グレードのシエロでは、電動メッシュシェード付きパノラミックガラスサンルーフが明るさと開放感をもたらしている。搭載エンジンはプジョー2008から採用が始まったピュアテックと呼ぶ直列3気筒1.2リッターエンジンを直噴ターボ化した。動力性能は96kW(130ps)/230N・mの動力性能を発生する。これに新開発の電子制御6速ATが組み合わされる。安全装備は6エアバッグやEBD付きABS、ESC、バックソナー、バックアイカメラなどが全車に標準装備されるほか、グレードによってアクティブ・クルーズコントロール、ディスタンスアラート、ブラインドスポット・モニターなどの先進装備も用意されている。オーヘッドライト、雨滴感知ワイパーが全車に標準で、主要グレードに左右独立温度調整式オートエアコンが標準で装備される。搭載エンジンやトランスミッションなどの基本メカニズムは全車共通で、装備の違いによってプレミアム、アリュール、シエロの3グレードが用意されている。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
プジョー 308 (ハッチバック)の相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

プジョー 308 (ハッチバック)を一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP