プジョー 3008 2017年03月~モデルの買取・査定相場

プジョー 3008
プジョー・シトロエン・ジャポンは、SUVの「プジョー3008」をフルモデルチェンジして、2017年3月13日に販売を開始した。欧州では2016年5月に発表され、本格SUVデザイン、高いドライビングクオリティ、最先端の装備などが評価され、ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー2017を受賞。エクステリアは直立したフロントフェイスと大型グリル、高いウエストラインとワイドなプロテクター、フロントアンダーガード、ルーフレールなどにより、本格SUVらしいデザインに一新されている。ボディサイズは全長4450mm×全幅1840mm×全高1630mm。先代に対して85mm長く、5mmワイド、5mm低くなった。ボディは新プラットフォームEMP2を始めとした軽量化により、車両重量は1460~1500kgに抑えられている。パワーユニットは最高出力121kW(165ps)、最大トルク240Nmの性能を有する1.6リッター直4ターボにEAT6(6速AT)の組み合わせ。駆動方式はFFのみで4WDは未設定だが、日本導入を記念した限定車「3008GTラインデビューエディション」には悪路走行に対応する「アドバンスドグリップコントロール(ヒルディセントコントロール付き)」が装備されている。安全・機能装備も一新され、アクティブセーフティブレーキ、レーンキープアシスト、アクティブブラインドスポットモニター、ドライバーアテンションアラート、アクティブクルーズコントロール、ワイドバックアイカメラなどを新たに搭載。また、ハンズフリー電動テールゲート、パノラミックサンルーフ(開閉機能付き)など、プジョー初の装備も充実した。インテリアは、デジタルグラフィックスにより情報を伝達する高画質12.3インチディスプレイを採用した「デジタルヘッドアップインストルメントパネル」を採用した新世代New i-Cockpitが新しい。目的に合わせた4つのディスプレイモードが選択出来、さらにオーディオやエアコン、ナビゲーション、ドライビングアシストなどの操作が可能な8インチタッチスクリーン、上下をフラットにした新デザインのステアリングホイールを装着。パッケージングについては、ラゲッジルームの容量を従来型よりも88L拡大した520L(VDA方式)の容量を確保。開口部と一体のラゲッジフロア、サイドの張り出しが抑えられたスクエアなスペースとなり、さらにワンタッチラゲッジルームフラット機能、前方可倒式助手席バックレスト、ハンズフリー電動テールゲートなどが設定された。バリエーションは「3008アリュール」、「3008アリュールLEDパッケージ」に加えて、前出の限定車「3008アリュールデビューエディション」(限定80台)、「3008GTラインデビューエディション」(限定180台)の2モデルをラインアップ。限定モデルにはLEDヘッドライト、ハンズフリー電動テールゲート、パノラミックサンルーフ、ブラックダイヤモンドルーフが標準装備となる。アクティブクルーズコントロール、クロームサイドウィンドウモール(サイドウィンドウ下部)、リヤアンダーガーニッシュ、マッド&スノータイヤは「3008GTラインデビューエディション」のみに装備される。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
プジョー 3008の相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

プジョー 3008 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

プジョー 3008を一括査定した人の口コミ・評判

買取カービューの愛車無料一括査定サービスで実際に3008の買取価格を比較したユーザーの口コミ・評判です。
見積もり社数と査定比較で得した金額をチェックしましょう!

三重県 40代男性
査定時期 2021年1月
最高売却額
0.0万円
見積り数
4社:最大0.0万円
査定満足度
3.0
グレード
3008アリュール
年式
2017年/平成29年
走行距離
15,001~20,000
口コミをもっと見る
利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP