三菱 新型ミラージュ 2012年08月~モデルの買取・査定相場

三菱 新型ミラージュ
三菱自動車は新型のグローバルコンパクトカーにミラージュの車名を復活させて2012年8月から発売した。三菱にはコンパクトカーのコルトがあるが、コルトのフルモデルチェンジではなくミラージュの名前を使ったのは、コルトに比べてひと回り小さいクルマであるためと思われる。外観デザインは昨年の東京モーターショーに参考出品されたモデルそのままで、シンプルかつ親しみやすいデザインで、空力特性にも配慮して低燃費に貢献している。インテリアは水平基調のインパネデザインが特徴で、シンプルな形状ながら前方視界にも配慮したものとされた。メーターにはエコドライブをアシストする表示が設定されている。全長が3710mm、全幅が1665mmというコンパクトなボディながら、エンジンルームを極力コンパクトにした高効率パッケージングを追求することで、大人5人が乗れる居住空間と一定のラゲッジスペースを確保した。搭載エンジンは直列3気筒1.0リッターで、吸気側に可変バルブタイミング機構(MIVEC)付きで51kW(69ps)/86Nmのパワー&トルクを発生する。このエンジンはINVECS-Ⅲの副変速機付きCVTと組み合わされるほか、アイドリングストップ機構のオートストップ&ゴーを始め、減速エネルギー回生システム、高効率オルタネーター、インテリジェントバッテリーセンサーなどを採用することで、ガソリンエンジンを搭載する登録車でトップの27.2km/Lを達成した。これは平成27年度燃費基準+20%を大きく上回ってエコカー減税で自動車取得税と自動車重量税が免税となる。アイドリングストップ機構を装着しないグレードも23.2km/Lで平成27年度燃費基準+10%を達成してエコカー減税75%低減の対象となった。安全装備はSRSエアバッグやEBD付きABSを始め、ヒルスタートアシストなどが標準で、SRSサイド&カーテンエアバッグがオプション設定されている。快適装備は上級グレードのGにキーレスオペレーションシステムが標準で装備される。E、M、Gの3グレードの構成で、EにはABSや運転席助手席SRSエアバッグ、フロントのUV&ヒートプロテクトガラスなどが標準。MはフロントドアにもUV&ヒートプロテクトガラスが採用されるほか、電動格納ドアミラーなどが標準となる。さらにGにはキーレスオペレーションシステムやオートライトコントロールなどが標準だ。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
三菱 新型ミラージュの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

三菱 新型ミラージュを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP