三菱 eKワゴン 2013年06月~モデルの買取・査定相場

三菱 eKワゴン
三菱はekワゴンをフルモデルチェンジし、2013年6月6日に発売した。今回のekワゴンは、三菱と日産の合弁会社であるNMKVが企画・開発し、岡崎市にある三菱の技術センターで開発の実務が進められ、三菱の水島工場で生産される。従来のekワゴンは全高を抑えたセミトールワゴンだったが、今回のモデルは全高の高いトールワゴンに変わった。外観デザインはボディサイドにトリプルアローズラインと呼ぶ3本の明快なキャラクターラインが配置され、抑揚のある立体的なものとされている。フロントグリルは光沢ブラックにメッキモールが配置され、切れ長のアイラインを表現したヘッドライトが印象的。全高を高めながらも空力特性に配慮した設計によってCd値は0.32という優れた数値を得ている。インテリアは滑らかな曲面形状と弧を描くような水平基調のインパネ前面によって広がり間が演出されるとともに、アイボリー基調のインパネの中央にピアノブラック調のパネルが配置されて洗練されたインテリアを作っている。豊富な収納部が用意されるのは軽自動車のお約束ともいえるものだ。メーターは白色照明で視認性を高めたシンプルなデザインのハイコントラストメーターを採用するとともに、三菱の軽では初となるマルチインフォメーションディスプレイも採用された。平均燃費やアイドリングストップしていた時間など、各種情報のチェックが可能だ。搭載エンジンは新開発の直列3気筒12バルブDOHCの3B20型で、独自のMIVEC(吸気連続可変式バルブタイミング)を採用し、三菱初の副変速機付きCVTと組み合わされる。減速時に時速が13km以下に落ちるとエンジンが停止するオートストップ&ゴー(アイドリングストップ機構)を採用したグレードでは、29.2km/L(2WD車、4WD車は26.0km/L)というハイトワゴントップの低燃費を実現している。安全装備はEBD付きABSが標準で、一部のグレードにはブレーキアシストやヒルスタートアシストも装備される。横滑り防止装置のASCは設定されていない。主要グレードにはタッチパネル式のオートエアコン、99%UVカットガラス、リヤビューモニター付きルームミラー、ETACSなどが装備され、最上級グレードのGにはエンジンスイッチ+キーレスオペレーションシステムも採用されている。グレードはG、M、Eの3グレードの構成で、エコカー減税は全車免税だが、Eは2WD車のみの設定となるほか、オートスタート&ゴーや各種快適装備、安全装備などが省略されているため、一般のユーザーはGかMを選ぶことになる。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
三菱 eKワゴンの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

三菱 eKワゴン 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

三菱 eKワゴンを一括査定した人の口コミ・評判

買取カービューの愛車無料一括査定サービスで実際にeKワゴンの買取価格を比較したユーザーの口コミ・評判です。
見積もり社数と査定比較で得した金額をチェックしましょう!

口コミをもっと見る
利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP