ミニ MINI Convertible 2016年03月~モデルの買取・査定相場

ミニ MINI Convertible
BMWは新型ミニ(3ドア)をベースにしたオープンモデルのコンバーチブルをフルモデルチェンジし、2016年3月1日に発売した。ミニのコンバーチブルはクラシックミニの時代から設定されていたもので、BMWミニになった後も初代、2代目と続けて設定されて、安定した売れ行きを続けてきた。今回の3代目モデルでもいち早く設定してきた。外観デザインはミニのアイコンである丸型ヘッドライト、六角形のフロント・グリル、独特のキャビンデザイン、前後の短いオーバーハングなど、ミニらしさを維持しながら、現代的な解釈を加えている。インテリアも大きな丸型のメーターパネルやトグルスイッチなど、ミニのアイコンが採用された。ボディサイズが拡大されたことで、後席空間は先代モデルに比べ、横方向に約30mm、前席との足元スペースを約40mmも拡大して快適性を高めている。トランク容量も先代に比べ約40L拡大したほか、スルー・ローディング・システムの開口部を拡大して機能性を高めた。電動式のソフトトップはわずか18秒で開閉が可能で、時速30km以下なら走行中に開閉することもでき、スライディングルーフ機能も持つため簡単に開放感を得ることもできる。さらにソフトトップにはユニオンジャックの模様を折り込むことも可能とされている。ルーフを閉じた状態でも、オープンの状態でもミニらしさにあふれたデザインである。搭載エンジンは3機種で、クーパー用が直列3気筒1.5リッターのターボ仕様で100kW(136ps)/220N・mを発生する。クーパーS用は直列4気筒2.0リッターのターボ仕様で141kW(192ps)/280N・mの動力性能を持つ。さらに後から発売されるジョン・クーパー・ワークス用の2.0リッターターボは、170kW(230ps)/320N・mのパワフルな実力を持つ。トランスミッションは全車に電子制御6速ATが組み合わされる。サスペンションはリアにマルチリンク式を採用し、ミニらしいゴーカート・フィーリングの走りをオープン・モデル特有の爽快感とともに味わえる。装備は視認性や操作性に優れたカーナビを備えるほか、歩行者検知機能付き前車接近警告、衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)、アクティブ・クルーズコントロール、ヘッドアップディスプレイなど、最新の充実した仕様が用意されている。今回のミニコンバーチブルから、ミニ・ユアーズと呼ぶデザイン・プログラムが導入されることになった。さまざまな部分で標準モデルと差別化されたデザインをオプションで選ぶことができ、自分だけの好みの仕様に仕上げられる。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
ミニ MINI Convertibleの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

ミニ MINI Convertible 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

ミニ MINI Convertibleを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

車買取査定のお役立ち情報

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP