ミニ 2019年10月~モデル(MINI Clubman )の買取・査定相場

ミニ MINI Clubman
BMWは、「MINIクラブマン」を2019年10月2日にマイナーチェンジ、同日より販売を開始した。今回の一部改良では内外装をリニューアル。エクステリアはクロームなどのデザインエレメントをラジエターグリル全域に拡張し、LEDデイライト・リングを点灯部分が下部で途切れていた従来のデザインから、円として繋がったデザインとした。さらにLEDリヤコンビネーションランプをユニオンジャックのモチーフとしたデザインに刷新。ミラーキャップには空気抵抗を低減する新デザインを採り入れた。インテリアではすべてのモデルにシフト・ショートノブを採用。また、運転支援システムとしてストップ&ゴー機能付きのアクティブクルーズコントロール(ONE/バッキンガムはオプション)、前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキを装備。また、オプションでリアビューカメラ、パーキングアシスト、PDC(パークディスタンスコントロール)が選択可能となった(一部モデルを除く)。トランスミッションについては「ONE」、「バッキンガム」、「クーパー」、「クーパーS」には7速ダブルクラッチトランスミッションを、「クーパーD」、「クーパーS ALL4」、「クーパーSD」は8速ATを踏襲。ハイパフォーマンスモデルの「ジョン・クーパー・ワークス(JCW)」はパワーユニットを改良し、先代モデルに対して最高出力を55kW(75ps)、最大トルクを100Nm向上させ、最高出力225kW(306ps)/5000rpm、最大トルク450Nm/1750~4500rpmを発生し、0-100㎞/h加速4.9秒、最高速度250㎞/hを達成している。パフォーマンスの向上に合わせてラジエターを2つ備え、リザーバータンクの大型化を実施。フロントブレーキの直径を360mm(25mm大型化)とし、10mm太くした直径95mmのツインエキゾーストパイプを採用した。さらにローンチコントロールを備えた電子制御式8速スポーツオートマチックトランスミッションを採用したほか、新採用のフロントの機械式ディファレンシャルロックはDSCとの組み合わせで、雨天時などのコーナリング時でも駆動力を的確かつ安定して路面に伝えることが可能という。内装についても標準装備のスポーツシートにはヘッドレスト下部に「John Cooper Works」ロゴのバッヂが付けられ、シートの縁取りを赤からグレーに変更するなどの手直しが行われた。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
ミニ MINI Clubmanの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

ミニ MINI Clubman 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にヤフー株式会社が独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

ミニ MINI Clubmanを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

ヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP