マツダ MX-30 EVモデル 2021年01月~モデルの買取・査定相場

マツダ MX-30 EVモデル
マツダは、初の量産電気自動車となる「MX-30 EV MODEL(エムエックス サーティ イーブイ モデル)」を2021年1月28日に発表、同日より販売を開始した。2020年10月に発売されたマイルドハイブリッド仕様、「MX-30」と共通の観音開き式ドアを採用する電気自動車。欧州では2020年に発表済みで、ようやく日本にも導入されることになった。ラインアップは「EV」、「EVベーシックセット」、「EVハイエストセット」の3機種を展開する。水冷式のモーターは最高出力107kW/4500~11000rpm、最大トルク270Nm/0~3243rpmを発生する。総電力量35.5kWhの駆動用バッテリーにはリチウムイオンが用いられており、一充電走行距離はWLTCモードで256kmとしている。普通(AC)充電と急速(DC)充電に対応し、普通充電は12時間(3kW)/4.5時間(6kW)、急速充電(最大50kW)では40分で80%の充電が可能という。ボディはMX-30と同じく、新世代車両構造技術「スカイアクティブビークル アーキテクチャー」を踏襲。基本骨格のストレート化とバッテリーパックを骨格として活かした環状構造により、低重心、高剛性骨格を実現した。また、高い操縦安定性を実現する、EV向けの「エレクトリックGベクタリングコントロール プラス(e-GVC Plus)」を搭載する。マツダならではの走りも追求されていて、エンジン車のアクセルペダルに相当する「モーターペダル」は人の感覚に合ったトルクコントロールを可能とした。ブレーキについてもペダルの操作量からドライバーが必要とする制動力を判断し、その範囲内で最大限のエネルギー回生を行いつつ、不足分を摩擦による制動力で補う「回生協調ブレーキ」を採用した。さらにモータートルクに同期したサウンドを発生するシステムやDレンジを基準にプラスとマイナスをそれぞれ2段ずつの合計5段を設定し、ステアリングに設置したパドルで変速可能な「ステアリングホイールパドル」を装備している。コネクティッドサービスとスマートフォン専用アプリ(MyMazda)が連携し、バッテリーの状態確認や充電し忘れ通知、出発前のエアコン操作など、EV向け機能を追加した「マツダコネクト」を採用。先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」は全グレードに標準装備とした。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
マツダ MX-30 EVモデルの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

マツダ MX-30 EVモデル 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

マツダ MX-30 EVモデルを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP