現在位置: carview! > 車買取・中古車査定 > 車買取相場を調べる > マツダ > デミオ > 2017年12月〜モデルの買取相場

マツダ デミオ 2017年12月~モデルの買取相場・査定価格

マツダ デミオ
マツダは、コンパクトカーの「デミオ」を2017年11月9日に一部改良を行うとともに、特別仕様車の「ノーブルクリムゾン」を設定し、同年12月7日に発売した。 今回の商品改良では車両だけではなく、歩行者も検知する先進安全技術「アドバンスト スマートシティブレーキサポート」に加え、「車線逸脱警報システム」、「ハイビームコントロールシステム」を全車に標準装備し、すでに標準化されている「AT誤発進抑制制御[前進時]」との組み合わせで「安全運転サポート車」の「サポカーSワイド」に該当させている。 さらに「スマートシティブレーキサポート[後退時]」、「リヤパーキングセンサー(センター/コーナー)」も全車標準とし、駐車場や幅の狭い道路などを低速走行する際に車両周辺の状況をモニターで確認できる「360°ビューモニター」と「フロントパーキングセンサー(センター/コーナー)」を新たにメーカーオプションとして用意した。 ボディカラーは「ソウルレッドクリスタルメタリック」が新たに設定されている。 特別仕様車の「ノーブルクリムゾン」は、深紅のシートにホワイトのアクセントを採用したインテリアが印象的なモデル。「13Sツーリング」と「XDツーリング」の6速ATをベースとし、エアコンルーバーレッドメタリック、CD+DVDプレイヤー+地上デジタルTVチューナー(フルセグ)、高輝度アルミホイール(ガソリンエンジン車15インチ、ディーゼルエンジン車16インチ)も装備される。 ボディカラーは特別仕様車専用色として「セラミックメタリック」が設定され、全6色をラインナップした。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
マツダ デミオの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

マツダ デミオ買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にLINEヤフー株式会社が独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

現在 1年後 2年後
現在の走行距離
+1万km
+2万km

マツダ デミオを一括査定した人のクチコミ・評判

買取カービューの愛車無料一括査定サービスで実際にデミオの買取価格を比較したユーザーのクチコミ・評判です。
見積もり社数と査定比較で得した金額をチェックしましょう!

PICK UP
愛知県 60代女性
査定時期2023年7月
最高売却額
85.0万円
見積り数
5 社:最大20.0万円
査定満足度
4.0
グレード
13C
年式
15,001~20,000
走行距離
2017年/平成29年km
ユーザーコメント

一番高値をつけたので

PICK UP
埼玉県 40代女性
査定時期2021年6月
最高売却額
94.0万円
見積り数
5 社:最大9.0万円
査定満足度
3.0
グレード
XDテーラードブラウン
年式
60,001~65,000
走行距離
2017年/平成29年km
ユーザーコメント

査定前に会社情報の説明などが丁寧だった。 査定額はクルナビさんが最も高かったが、その場で決断を迫られたことや、他の買い取り業者さんなどからの評判がよくなかったことで、若干信頼性に不安を感じたため、2番目に評価額が高かったネクステージさんへ売却した。

PICK UP
栃木県 30代男性
査定時期2021年1月
最高売却額
110.0万円
見積り数
3 社:最大40.0万円
査定満足度
3.0
グレード
XDツーリングLパッケージ
年式
30,001~35,000
走行距離
2017年/平成29年km
ユーザーコメント

ある程度は同じ相場でほぼ査定金額は変わらないのではと思っていましたが、買い取り業者間でも開きがあったので、勉強になりました。まだ乗り換えはしませんが、乗り換えの際は査定を上手に使うのも良いと思いました。

クチコミをもっと見る
3社以上の比較で平均 20.2万円差が出る!

秘訣は一括査定!見積もり依頼は1分で完了!
利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ