マツダ CX-30 ハイブリッド 2019年12月~モデルの買取・査定相場

マツダ CX-30 ハイブリッド
マツダは、クロスオーバーSUVの「マツダCX-30(マツダ シーエックス サーティ)」を2019年9月20日に発表、同日より予約受注を開始し、2020年1月16日に発売した。新たに設定された「CX-30」は成長を続けるSUV市場を見据えて開発されたモデル。「人生の幅や世界観を広げるクロスオーバー」をコンセプトに、見る人の慣性を刺激するデザイン、どこへでも気軽に出掛けられる機動性、大切な人とゆったり過ごすことのできる上質な室内空間、誰もが安心して運転を楽しめる安全性能をアピールポイントとしている。エクステリアは滑らかで伸びやかなボディの曲面、ホイールアーチ部とボディ下部の幅広クラッディングパネルによるSUVらしい力強さを特徴とする。ボディサイズは全長4395mm×全幅1795mm×全高1540mm、ホイールベース2655mm。多くの立体駐車場に対応する高さに収められており、最低地上高も175mmを確保している。ボディカラーは「ソウルレッドクリスタルメタリック」、「マシーングレープレミアムメタリック」に加え、新開発の「ポリメタルグレーメタリック」を含めた全8色を用意する。インテリアはクルマとの一体感を強め、心地よい「包まれ感」を表現。コクピットはドライバーを中心に表示機器、操作スイッチなどを左右対称とし、それらをドライバーへ向けて正対させるように配置した。助手席はコクピットとは対照的に居心地のよさと安心感を得られるデザインとした。居住空間については前席は乗員間の間隔を「CX-5」同等とし、幅広のセンターアームレスト、ドアアームレストを採用。後席は前席との距離を長めに取り、着座位置の高さやフロア高を調整することで頭上空間に余裕を持たせたという。荷室は大型ベビーカーと旅行用バッグなどを同時に積載できる430Lの荷室容量と、1020mmの開口幅を確保した。また、開口部下端の高さを地上から731mmに設定し、「パワーリフトゲート」をすべてのグレードで標準装備としている。パワーユニットは世界初の燃焼制御秘術「火花点火制御圧縮着火(SPCCI)」を採用した2.0リッター直4直噴ガソリン、「SKYACTIV-X 2.0」を搭載。各スペックは現時点では未定だが、ディーゼルエンジンのようなトルク感、ガソリンエンジンの吹き上がりのよさ、高効率な燃焼による燃費の向上に貢献するマツダの新世代エンジンだ。このユニットには減速エネルギーを電力として蓄え、発進加速時にモーターで駆動をアシストするマツダ独自のマイルドハイブリッドシステムも搭載されている。トランスミッションは6速ATと6速MTを用意する。FFとAWDが設定されており、AWDにはトラクションコントロールシステム(TCS)との強調によって悪路走破能力を高める、新開発の「オフロード・トラクション・アシスト」を装備。サスペンションは前ストラット/後トーションビームを採用する。運転支援システムについては、自転車(昼間)も検知する「スマートブレーキサポート」、車線からの逸脱回避を支援する「レーンキープアシストシステム(LAS)」、高速道路の渋滞時に疲労軽減をサポートする「クルージング&トラフィックサポート」、車間距離を一定に保って追従走行をする「マツダレーダークルーズコントロール(MRCC)」などを設定。すべてのモデルに車載通信機を標準装備し、コネクティッドサービスとスマートフォンアプリ「My Mazda」との連携による利便性の向上が図られている。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
マツダ CX-30 ハイブリッドの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

マツダ CX-30 ハイブリッド 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

マツダ CX-30 ハイブリッドを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP