ジープ ラングラー 2024年05月~モデルの買取相場・査定価格

ジープ ラングラー
ステランティスジャパンは、ジープの本格オフロード「ラングラー」を大幅改良するとともに、特別仕様車「アンリミテッド ルビコン ハイベロシティ」と「アンリミテッド サハラ ローンチエディション」を設定して、2024年5月10日に発売した。 今回の大幅改良では、内外装のデザインやメカニズム、装備を変更するとともに、ラインアップの見直しを実施。かつて存在した「アンリミテッド スポーツ」をエントリーグレードとして復活し、既存の「アンリミテッド サハラ」と「アンリミテッド ルビコン」とあわせて3グレードの構成とした。 エクステリアでは、新しいブラックテクスチャーの7スロットグリルをベースに、「アンリミテッド スポーツ」と「アンリミテッド ルビコン」にはニュートラルグレーメタリック、「アンリミテッド サハラ」にはプラチナシルバーのグリルサラウンドを採用。また、従来のマストアンテナからフロントウインドシールドに統合したアンテナを全グレードに初採用した。なお、従来のマストアンテナの位置には「Trail Ratedバッジ」が装着される。 さらにホイールのデザインもよりスタイリッシュに変更され、「アンリミテッド スポーツ」にはグレーアクセント入りの17インチアルミホイールにオールテレインタイヤ、「アンリミテッド サハラ」には18インチアルミホイールにオールシーズンタイヤを装着。最もハードコアなグレードである「アンリミテッド ルビコン」には専用の17インチアルミホイールにマッドテレインタイヤを装着した。 インテリアでは、第5世代Uconnect5システムを搭載した新12.3 インチタッチスクリーンを全グレードに標準装備。同システムはApple CarPlayおよびAndroid Autoにも対応し、特にApple CarPlayはワイヤレスでの接続が可能となっている。さらに、ラングラーとして初めてサイドカーテンエアバッグをフロントとリアに採用し、全グレードに標準装備。加えて、「アンリミテッド サハラ」と「アンリミテッド ルビコン」にはのフロントシートには、「12ウェイパワーアジャスタブルシート」をラングラーとして初めて採用している。 その他、「アンリミテッド ルビコン」に「フルフロートリアアクスル」を初搭載。従来のセミフロート構造と比べて、より強固で堅牢な構造にしたことにより、最大牽引能力を向上したという。 パワートレーンは全グレード共通で、従来モデルと同じく最高出力200kW(272PS)、最大トルク400Nmを発生する2リッター直4ガソリンターボエンジンに8速ATを組み合わせている。 ボディカラーは、「アンリミテッド サハラ」にはブライトホワイトC/CとブラックC/Cの2色、「アンリミテッド スポーツ」と「アンリミテッド ルビコン」には前述の2色にファイヤークラッカーレッド C/Cとグラナイトクリスタルメタリック C/Cを加えた4色を設定した。 また、今回同時に発売される「アンリミテッド ルビコン ハイベロシティ」と「アンリミテッド サハラ ローンチエディション」は、新型モデルの発表を記念した特別仕様車だ。「アンリミテッド ルビコン ハイベロシティ」は「アンリミテッド ルビコン」をベースに、ボディカラーにビビッドな黄色の「ハイヴェロシティ C/C」を採用。10台限定で5月17日まで申し込みを受け付ける。 もう一方の「アンリミテッド サハラ ローンチエディション」は「アンリミテッド サハラ」をベースに、トレドノース(ラングラーの生産工場)の地形柄入りフェンダーデカールや、ジープの誕生年である「1941」のロゴ入りテールゲートデカールを特別装備。ボディカラーは特別色の「アンヴィル C/C」を設定している。発売台数は300台限定。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
ジープ ラングラーの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

ジープ ラングラー買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にLINEヤフー株式会社が独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

現在 1年後 2年後
現在の走行距離
+1万km
+2万km

ジープ ラングラーを一括査定した人のクチコミ・評判

選択した年式のクチコミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

車買取査定のお役立ち情報

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ