ジープ ラングラー 2014年03月~モデルの買取相場・査定価格

ジープ ラングラー
ジープの原型ともいえる1941年のウィリスMB以来の伝統を受け継ぐのがラングラー。ジープを代表するアイコン的存在でもある。2007年3月に発売された07年モデルは10年振りのフルモデルチェンジを受けた6代目で、2ドアに加えてラングラーとしては初めての4ドア5人乗りとなるジープ・ラングラー アンリミテッドを新設定した。 アンリミテッドは2ドアのラングラーに対してホイールベースを520mm延長し、後席に大人3人が乗車できる室内と広いカーゴスペースを持ち、高いオフロード性能と利便性を兼ね備えた。 デザインはジープの伝統的なデザインを受け継ぎ、7本の縦型スロットグリル、丸型ヘッドライト、直立した角型フロントウィンドウなどを採用。ラングラーならではのオープンエアを実現する3つの異なるルーフトップが設定される。 当初のエンジンはV型6気筒の3.8リッターで4速ATと組み合わされた。最新のオフロード4WDらしく、ABSや3モードを設定したESPなどの安全装備が全車に標準装備され、新機構のブレーキ・ロック・ディファレンシャルもESPに組み込まれた。 2009年3月にはサハラの09年モデルが、同年11月にはヒルホルダーなどの装備を追加した10年モデルのアンリミテッドが、2010年6月にはサハラの10年モデルが発売された。 2011年2月には内装のデザインや仕様を変更し、装備を充実させながら価格を引き下げた11年モデルを発売した。 2011年12月に発表された12年モデルでは、搭載エンジンを209kW(284ps)/347N・mを発生するV型6気筒3.6リッターに変更して5速ATと組み合わせたほか、内装のカラーを変更し、装備の充実化を図った。2012年3月と7月には特別仕様車を発売した。 2013年2月にはアンリミテッド・スポーツをベースに、2012年に新しく導入したボディカラー「クラッシュ クリアコート(オレンジ)」に、ボディ同色のJeepロゴ入りハードタイプスペアタイヤカバーと、ボディ同色のドアミラーカバーを組み合わせた「アンリミテッド・オレンジ」を70台限定で発売した。 同年5月にはアンリミテッドサハラをベースに、オフロード感を強調する装備を搭載した特別仕様車「アンリミテッド トレイルエディションII」を100台限定で発売した。 同年8月3日にはルビコン誕生10周年を記念した特別仕様車「アンリミテッド ルビコン 10th アニバーサリー エディション」を発売した。 2014年3月1日からアンリミテッドをベースに、ブライトホワイトのボディカラーとボディ同色のハードスペアタイヤカバーにより全体が雪に包まれたようなデザインを採用した特別仕様車「アンリミテッド ポーラー エディション」を150台限定で発売した。 同日に第二次世界大戦中に連合国軍の軍用車両として運用された車両の復刻版となる特別仕様車「アンリミテッド フリーダムエディション」を150台限定で発売した。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
ジープ ラングラーの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

ジープ ラングラー買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にLINEヤフー株式会社が独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

現在 1年後 2年後
現在の走行距離
+1万km
+2万km

ジープ ラングラーを一括査定した人のクチコミ・評判

買取カービューの愛車無料一括査定サービスで実際にラングラーの買取価格を比較したユーザーのクチコミ・評判です。
見積もり社数と査定比較で得した金額をチェックしましょう!

北海道 40代男性
査定時期2017年9月
最高売却額
0.0万円
見積り数
1 社:最大0.0万円
査定満足度
1.0
グレード
その他
年式
45,001~50,000
走行距離
2014年/平成26年km
ユーザーコメント

全く影響なし

クチコミをもっと見る
ラングラーを一括査定すると 21.4万円差が出る!

秘訣は一括査定!見積もり依頼は1分で完了!
利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ