ジープ 2022年02月~モデル(グランドチェロキーL )の買取・査定相場

ジープ グランドチェロキーL
FCAジャパンは、「グランドチェロキー」を2021年12月13日にフルモデルチェンジ、3列シートを備えた「グランドチェロキーL」を新設モデルとして2022年2月19日より販売を開始した。10年ぶりのフルモデルチェンジで4代目となったジープブランドのイメージリーダー。グランドチェロキーLはジープの卓越した悪路走破性、長距離のオンロードも快適にこなせるグランドツアラーの資質を1台に融合した。新型は同モデルでは初となる3列シートを採用、多人数乗車を可能としている。エクステリアは1963年に登場したSUVの草分け的存在でもある「ワゴニア」にインスピレーションを得ている。ロングノーズプロポーションや逆スラントしたノーズを特徴とし、7スロットグリルや台形ホイールアーチなどのジープのデザインシグネチャーを融合。フロントエアインテークにはパワートレインの冷却状況に応じて開口部のフラップを自動制御する「アクティブグリルシャッター」を新たに採用した。フルサイズSUVでありながらアプローチアングルをはじめとする対地障害角を十分に確保するのもジープブランドならでは。ボディサイズは全長5200㎜×全幅1980㎜×全高1795~1815㎜、ホイールベース3090㎜。3列シート化によって全長は先代に対して300㎜以上長く、ホイールベースも175㎜延長されている。ラインアップは6人乗りの上級グレード「サミットリザーブ」、7人乗りの「リミテッド」の2グレードを用意する。インテリアは水平基調のインストルメントパネルによって横方向のつながりが強調され、上質なマテリアルを重ね合わせたレイヤー状レイアウトにより上質感を演出。センターには10.1インチのデジタルタッチスクリーンを配置した。インフォテインメントシステムには第5世代の「Uconnect」システムを採用したほか、「Apple CarPlay」および「Android Auto」に対応させたアイシン製ナビゲーションシステムを全車に搭載している。パワーユニットは最高出力210kW(286ps)/6400rpm、最大トルク344Nm/4000rpmを発生する3.6リッターV6DOHC。組み合わされるトランスミッションは8速ATとなり、オートマチックのコントローラーにはジープでは初となるロータリーシフトを採用した。あらゆる路面に対応する「クォドラトラックⅡ4WD」システムを標準装備しており、サミットリザーブには自動的にサスペンションチューンを調整する「クォドラリフトエアサスペンション」を装備している。運転支援機能には車両周辺の障害物をモニター上で確認できる「サラウンドビューカメラ」、「ヘッドアップディスプレイ」、「デジタルリヤビュールームミラー(サミットリザーブ)」、車線中央を維持した走行をサポートする「アクティブドライビングアシスト(サミットリザーブ)」、「アダプティブクルーズコントロール」、「ナイトビジョン(サミットリザーブ)」などを装備する。ボディカラーは「ダイヤモンドブラッククリスタルP/C」、「ヴェルヴェットレッドP/C」、「バルティックグレーメタリックC/C」、「ブライトホワイトC/C」の4色を設定。サミットリザーブのみ「バルティックグレーメタリックC/C」を選択した場合、ルーフがブラック仕上げとなる。同年6月1日には価格改定を実施した。同年8月1日には価格改定を実施した。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
ジープ グランドチェロキーLの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

ジープ グランドチェロキーL 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にヤフー株式会社が独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

ジープ グランドチェロキーLを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

ヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP