ホンダ シビック (ハッチバック) 2021年09月~モデルの買取・査定相場

ホンダ シビック (ハッチバック)
ホンダは、新型「シビック」を2021年8月5日にフルモデルチェンジ、同年9月3日に発売する。11代目となるシビックは「人中心」のクルマ造りを深く掘り下げ、親しみやすさや存在感を持たせながら、乗る人全員が「爽快」になることのできるクルマを目指したという。エクステリアはフロントからリヤエンドまで水平基調で繋げ、流れるようなルーフラインでクーペイメージを強調。ボディサイズは全長4550㎜×全幅1800㎜×全高1415㎜、ホイールベース2735㎜。「EX」と「LX」の2グレードが設定され、外観上はドアモールディングの違い(EXはシルバー、LXはブラック)、18インチアルミホイールの切削面の塗装(EXはダーク切削クリア)で差別化されている。インテリアは不要なデザインを廃した造形をするとともに、直感的に操作しやすく、触感にもこだわったスイッチを配置した。清潔感や心地よい五感への刺激などを重視して、爽やかで心地よく移動のできる空間を演出。EXにはプライムスムースのドアライニングセンターパッド、ヘリンボーンブラックのパワーウインドウスイッチパネル、シルバー加飾メーターバイザーなどの専用インテリアが与えられる。先代に対してホイールベースを35㎜延長したことにより後席の居住性を向上させたほか、荷室容量についてもクラストップレベルの452Lを確保した。パワーユニットは最高出力134kW(182ps)/6000rpm、最大トルク240Nm/1700~4500rpmを発生する1.5リッター直噴VTECターボを搭載する。トランスミッションはパドルシフトを備えたCVTと6速MTを用意。燃費性能は両タイプともに16.3km/L(WLTCモード)を実現している。装備では10.2インチのフルグラフィックメーターをEXに採用したほか、新世代コネクテッド技術を搭載した車載通信モジュール「ホンダコネクト」を全モデルに標準装備した。EXにはBOSE社と共同開発した12スピーカーの「BOSEプレミアムサウンドシステム」を搭載している。先進安全運転支援システム「ホンダセンシング」は標準装備。広い範囲と高い精度で対象物を検知するフロントワイドビューカメラ、前後ソナーセンサーを採用した。また、シビックとしては初となるトラフィックジャムアシスト(渋滞運転支援機能)、周辺状況に応じて照射範囲を自動でコントロールするアダプティブドライビングビームをホンダとして初めて採用した。ボディカラーは「プラチナホワイトパール」、「クリスタルブラックパール」、「ソニックグレーパール」、「プレミアムクリスタルレッドメタリック」、「プレミアムクリスタルブルーメタリック」の5色が設定されている。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
ホンダ シビック (ハッチバック)の相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

ホンダ シビック (ハッチバック) 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

ホンダ シビック (ハッチバック)を一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP