フィアット フィアット500 (ハッチバック) 2018年06月~モデルの買取・査定相場

フィアット フィアット500 (ハッチバック)
FCAジャパンは、「フィアット500」の特別仕様車「フィアット500S Manuale(マヌアーレ)」を2018年5月30日に発表、同年6月9日より100台限定で発売した。「フィアット500 マヌアーレ」は、高出力で低燃費、かつ独特のエンジンフィールを特長とする直列2気筒TwinAirエンジンに、マニュアルトランスミッションという限定車ならではの組み合わせを実現した。ボディカラーは、アルペングリーンとイタリアブルーの2色を設定。足元にはダークグレーのアルミホイールを採用した。インテリアは、ボディカラーに応じてアクセントカラーをあしらった500S専用のファブリックシートやインストルメントパネル、レザースポーツステアリングホイールなどを採用した。なお車名の“マヌアーレ”は「自ら操る」を意味するイタリア語。「小粋なコンパクトボディを自在に操りながら軽やかに街を駆け抜ける」をコンセプトに、マニュアル車の人気が高いイタリア流のクルマの楽しみ方を提案する限定車だ。同年6月6日には特別仕様車「フィアット500 Anniversario(アニベルサリオ)」を設定して、同年6月16日に400台限定で発売した。「フィアット500 アニベルサリオ」は、フィアット500の誕生60周年を記念した限定車の第2弾。「1.2ラウンジ」をベースに、1950年代の人気色を現代風にアレンジしたグリーンティーリーフとオレンジの2種類の専用ボディカラーを採用した。エクステリアは、クロームエンジンフードラインやFIATビンテージロゴ、16インチビンテージスタイルアルミホイールなどを装備。インテリアは、レトロな雰囲気を表現した専用デザインのファブリックシートや専用インストルメントパネル、Anniversarioロゴ入りのフロアマットなどを特別装備した。車名の“アニベルサリオ”は「記念」を意味するイタリア語で、1950年代に話題を呼んだ当時のデザインエッセンスを再現した。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
フィアット フィアット500 (ハッチバック)の相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

フィアット フィアット500 (ハッチバック) 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

フィアット フィアット500 (ハッチバック)を一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

車買取査定のお役立ち情報

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP