フェラーリ GTC4ルッソ 2016年05月~モデルの買取・査定相場

フェラーリ GTC4ルッソ
フェラーリ・ジャパンは2016年3月のジュネーブモーターショーで披露された「フェラーリGTC4ルッソ」を同年5月10日、極東エリアでは初めて日本で発表された。シューティングブレーク様式のスタイリングからもおわかりのように、GTC4ルッソはFF(フェラーリ・フォー)の後継となるモデル。FFはフェラーリとしては初の4輪駆動を採用して話題を集めたが、GTC4ルッソは第4世代サイドスリップコントロール(SSC4)をベースに、後輪操舵機能を統合し、電子ディファレンシャル(E-Diff)、サスペンションダンピング(SCM-E)とも統合制御される4RM EVOが採用される。これによりオンロードはもちろん、濡れた路面、低ミュー路、雪道などのあらゆる路面で最適なトルク配分が行われ、安心感のある走りが得られるようになっている。搭載されるエンジンはFFと同じく6.3リッターV12気筒の自然吸気ユニット。最高出力507kW(690ps)、最大トルク697Nmのパフォーマンスにより、0-100㎞/h加速3.4秒(FFは3.7秒)、最高速335㎞/hの高性能を発揮する。最大トルクの80%をわずか1750回転で発生させる柔軟性も持ち合わせている。トランスミッションは素早いシフトチェンジの得られる7速F1 DCTだ。スポーツドライビングではフェラーリならではの豊かでスリリング、クルージング時には控えめで耳に心地よいハーモニーを響かせる。シューティングブレークのフォルムはFFと共通ながら、フロントおよびリヤのデザインはリファインされて洗練度を大幅に高めている。フロントエンジンのファストバックシルエットは4名乗車を可能とし、450リットル(最大時は800リットル)のトランク容量を確保する。インテリアはドライバーとパッセンジャーが気持ちよさや快適性を共有できるよう、多彩な機能を備えたデュアルコクピット・アーキテクチャーを採用。新設計されたコクピットはコンパクトなステアリングホイール、10.25インチHDタッチスクリーン搭載の最新ナビゲーションシステム&インフォテイメントシステムを装備。インテリアはラグジュアリーなリビングの雰囲気で仕立てられ、厳選した素材を組み合わせて使用することでスポーティかつエレガントな仕上がりを見せている。なお、GTC4のネーミングは往年の330GTCおよび2+2モデルの330GTC、ハイパフォーマンスとエレガンスを融合させた250GTベルリネッタ・ルッソなどの名車に由来したもので、4は4名乗車を意味する。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
フェラーリ GTC4ルッソの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

フェラーリ GTC4ルッソを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP