シボレー カマロ コンバーチブル 2017年11月~モデルの買取・査定相場

シボレー カマロ コンバーチブル
ゼネラルモーターズ・ジャパンは、2017年7月6日に「シボレーカマロコンバーチブル」を発表、同年11月11日より販売を開始した。"Evolution is never without purpose/理由なき進化はない"をコンセプトに、先代よりもひとまわり小さいワイド&ローを強調したスタイリング。初代のイメージを印象づけるフロントマスク、現代的なLEDシグネチャーランプ、新たに造形されたリヤデザインなどにより、「カマロ」のアグレッシブなプロポーションを表現。ボディサイズは全長4780mm×全幅1900mm×全高1350mmと、先代に対して60mm短く、15mm狭く、45mm低い。ホイールベースも45mm短縮されている。インテリアは初代「カマロ」のデザインを現代的にアレンジした。主要部にタッチパネルコントロール、シートには上質なレザーを採用。その仕上がりは米雑誌「Wards」が選ぶ「10ベストインテリア」に選出されたほど。クライメートコントロールをすべて円型に一新したエアベントに統合、独創的なメーターパネルやエアコンルーバーなどに「カマロ」ならではのデザインを採用した。インフォテイメントシステム(シボレーマイリンク)を標準装備し、メーターパネル中央にレイアウトされた8インチディスプレイがインターフェイスとして機能する。音楽、写真、動画再生などが行えるほか、もう一方のメーターパネルにはアナログメーターやインフォテイメントに関する機能を表示する、8インチダイアゴナル高解像度センターカラータッチスクリーンを採用。「Boseプレミアムオーディオシステム」に加え、「AppleCarPlay」、「AndroidAuto」にも対応した。パワーユニットは最高出力202kW(279ps)、最大トルク400Nmを発生する新開発の2.0リッター直4DOHC VVTターボにパドルシフトを備えた8速ATの組み合わせ。この4気筒ユニットは高速走行時における燃費は12.8km/L以上(北米ハイウェイモード/メーカー測定値)と、「カマロ」史上最高の燃費性能を実現したという。ボディは、新たに開発されたアルミニウム&コンポジット素材をインストルメントパネルのフレームなどの各部に採用した。21%軽量化したサスペンションがバネ下重量を軽減し、ホワイトボディで60.5kg、車両重量で90.7kg以上の軽量化を実現。軽量化とともにフレーム剛性は28%強化され、これまで以上の運動性能をアピールする。また、ドライバーモードセレクターが初搭載され、ドライビング状況に合わせたセッティングを行うことが可能となっている。ボディカラーはレッドホット、サミットホワイト、ブラック、ブライトイエロー(オプション)、ハイパーブルーメタリック(オプション)の5色。コンバーチブルのトップ(幌)はブラックとなる。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
シボレー カマロ コンバーチブルの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

シボレー カマロ コンバーチブル 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

シボレー カマロ コンバーチブルを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP