キャデラック エスカレード 2020年11月~モデルの買取・査定相場

キャデラック エスカレード
ゼネラルモーターズ・ジャパンは、ラグジュアリーSUV「キャデラック エスカレード」を2020年11月12日にフルモデルチェンジ、翌11月13日より販売を開始した。アメリカンラグジュアリーを追求した「キャデラック エスカレード」は、フルサイズの最上級SUV。新型のラインアップは「プラチナム」と「スポーツ」の2グレードで構成される。大きさを印象づけるボディは全長5382㎜×全幅2060㎜×全高1948㎜、ホイールベース3071㎜。先代に対して187㎜長く、ホイールベースも121㎜延長されている。スリムかつスマートな新型ホリゾンタルヘッドライトを採用したエクステリアは、垂直方向を強調したテールランプがキャデラック伝統のスタイルを継承する。ラグジュアリーなプラチナムに対し、スポーツはブラックメッシュグリルやブラックトリムで精かんなイメージを印象づける。デザインテイストはそれぞれで異なるが、両モデルともフラッグシップSUVならではの仕上がりだ。クラフトマンシップとハイテクを融合したインテリアでは、自動車業界では初となる湾曲型OLED(有機液晶ダイオード)ディスプレイを搭載。対角線の長さが38インチ超の大型ディスプレイはドライバーの正面から湾曲形状とすることで視認性を向上させている。さらに36スピーカーで構成された「AKG製オーディオテクノロジー」を初採用した。ホイールベースや全長の拡大によって室内空間も拡大し、なかでも3列目シートのレッグスペースは40%も広げられている。ラゲッジスペースは722Lの容量を確保し、3列目シートを折りたたむことで2065Lの広大でフラットなスペースが得られる。パワーユニットは最高出力313kW(426ps)/5600rpm、最大トルク623Nm/4100rpmを発生する6.2リッターV8OHV。可変バルブタイミング、8気筒のうち4気筒もしくは6気筒を休止させるダイナミックフューエルマネジメントテクノロジーなどを採用し、パフォーマンスと効率性を追求した。トランスミッションは10速AT。駆動システムにはセレクタブル4WDを採用する。足まわりではリヤに新開発の独立式サスペンションを採用し、乗り心地やステアリングの応答性を向上させたという。また、瞬時にショックアブソーバーの減衰力をコントロールする「マグネティックライドコントロール」、きめ細かな車高の調整を行う「アダプティブエアライドサスペンション」、トラクション能力を向上させる「電子制御式リミテッドスリップディファレンシャル(eLSD)」などにより、乗り心地や操縦安定性を向上させている。車両周辺の状況を鳥瞰図で表示する「サラウンドビジョン」、「リヤシートエンターテインメント」などの安全・快適装備も充実。ボディカラーはプラチナムに「セーブルブラック」、「クリスタルホワイトトゥーリコート」、「ダークモカメタリック」、「シャドーメタリック」、「サンドストーンメタリック」の5色、スポーツは「セーブルブラック」のみ。また、2021年1月17日まで「キャデラックエスカレードプレオーダーキャンペーン」を実施中。両グレードでエクステリアカラー8色、インテリアカラー3色から自由な組み合わせが可能だ。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
キャデラック エスカレードの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

キャデラック エスカレード 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

キャデラック エスカレードを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP