BMW Mモデル 2021年04月~モデルの買取・査定相場

BMW Mモデル
BMWは、高性能セダン「M5」に特別仕様車「M5 CS」を設定して、2021年4月9日に発表、同年4月12日午前11時にBMWオンラインストアにて5台限定で販売を開始した。「M5 CS」は「M5 コンペティション」をベースにしたハイパフォーマンスモデル。「M5 コンペティション」の最高出力を10PS(7kW)上回る、635PS(467kW)を発生する「BMW Mの歴史の中で最もパワフル」と謳う4.4リッターV型8気筒BMWツインパワーターボエンジンを搭載。ドライブロジック付き8速Mステップトロニック・トランスミッションを装備して、ベースモデルより0.3秒速い3.0秒(NEDCモード)で加速するという。またベースモデルに比べてべ約70kgの軽量化や専用のシャシー・チューニング、アクティブMディファレンシャルを一括してインテリジェントに制御するM xドライブシステムに加えて、7mm低められた専用サスペンションや約23kg軽量なMカーボンセラミックブレーキなどを採用した。エクステリアは、ゴールドブロンズ仕上げのキドニーグリルを装備。グリル内の「M5 CS」バッジ、フロントフェンダーのMギル、ドアシルプレートには照明付きの「M5 CS」バッジが備わっている。エンジンフードは全体がCFRP製で、エアベントはカーボンファイバー模様で仕上げている。フロントエプロンのスプリッター、ドアミラーキャップ、トランクリッド上のリヤスポイラー、リヤディフューザーもCFRP製にすることで、空力的機能に加え軽量化にも貢献。スポーツエグゾーストシステムの4本のステンレススチール製テールパイプは、ベースモデルに比べてアグレッシブなデザインとなっている。サウンドはエンジン特性に影響を与えるさまざまなモードにより変化し、SPORT+ では特にパワフルな音色になるという。インテリアは、フロントに専用のカーボンバケットシートを装着。リヤシートも専用の軽量2座独立シートとすることで、大幅な軽量化を実現。また専用のMアルカンタラ・ステアリングホィールにはカーボン製のシフトパドルスイッチが装着され、ダークカーボンアルミインテリアトリムやドアシルプレートには「CS」ロゴをあしらった。同年4月1日には価格改定を実施した。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
BMW Mモデルの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

BMW Mモデルを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP