BMW Mモデル 2020年04月~モデルの買取・査定相場

BMW Mモデル
BMWは、「M2 コンペティション」をベースに、サーキット走行性能を高めた「M2 CS」を60台限定で導入すると2020年4月6日に発表した。なお導入の60台は、既に納入先が決まっていて、完売しているという。「M2 CS」は、「M2 コンペティション」に比べて最大出力を40PS向上させ、最高出力450PS(331kW)/6,250rpm、最大トルク550Nm/2,350rpm-5,500rpmを発揮する3.0リッター直列6気筒Mツインパワーターボエンジンを搭載して、より高い走行性能を実現した。また、ダンパーやスタビライザーの特性をサーキット走行に適応させたアダプティブMサスペンションや、電子制御式多板クラッチにより走行状態に応じてパワーを左右リヤホイール間で最適配分するアクティブMディファレンシャルを標準装備。サーキットでのアグレッシブな走行時であっても、エンジンの性能を最大限路面へ伝達しながら、高い操縦安定性を発揮する。さらに、ルーフやフロントスプリッター、リアスポイラー、リアディフューザーに加え、ボンネットにカーボンファイバー強化樹脂(CFRP)を採用して、約30㎏の軽量化を図っている。同年年4月1日には価格改定を実施した。同年4月23日には、「M2 コンペティション」をベースに、世界的に著名な現代アーティスト「FUTURA 2000」とコラボレーションした特別仕様車「M2 Edition Designed by Futura 2000(エム・ツー・エディション・デザインド・バイ・フューチュラ・ニセン)」を発売した。世界500台限定のうち、日本へは10台の導入となる。「M2 Edition Designed by Futura 2000」は、独特な構図と色彩で1980年代からグラフィティ・アートの先駆者として活躍してきた「FUTURA 2000」が、内外装のデザインを施したモデル。外装はブラックをベースに、稲妻を彷彿とさせる不規則なラインが何本も走り、丸いノコギリ刃のようなFUTURA 2000ならではのデザインが散りばめられている。さらに、霧がかったようなシルバーのペイントを随所に施して、車両全体の凹凸を強調し、存在感と力強さを際立たせた。足元は、ジェット・ブラックの19インチアロイホイールを装備した。インテリアは、ダッシュボードやセンターコンソールなどに、外装と同様のコンセプトで描かれたデザインを施した。またドアシルには、限定仕様の通し番号「1/500」とFUTURA 2000のサインが描かれた特製トリムを装備。フロントのスポーツシートには、FUTURA 2000のデザイン・コンセプトに合わせ、ブラック/アイボリー・ホワイトバイカラー(ポーラー・ブルー・コントラストステッチ付)のダコタレザーを採用した。同年8月1日には「X3M/X4M」の価格改定を実施した。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
BMW Mモデルの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

BMW Mモデルを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP