アウディ 2023年09月~モデル(RS6アバント (ワゴン) )の買取・査定相場

アウディ RS6アバント (ワゴン)
アウディジャパンは、ハイパフォーマンスシリーズのRSモデルの「RS6アバント」にさらなる高性能モデル「パフォーマンス」を設定して、2023年9月21日に発売した。今回導入された「RS6アバント パフォーマンス」は既存の「RS6アバント」に置き換わるかたちで設定され、RSシリーズ史上最高のパワーと加速性能と謳うモデルだ。4.0リッターV型8気筒ツインターボエンジンはターボチャージャーの大型化とブースト圧を2.4barから2.6barに引き上げることで、従来の「RS6アバント」との比較で30PSと50Nmアップとなる最高出力630PS、最大トルク850Nmを発生するという。さらに、0-100km加速のタイムは従来モデルに比べて0.2秒速い3.4秒に向上したと公表されている。また、48Vマイルドハイブリッドと低負荷時に8気筒のうち4気筒を休止するシリンダーオンデマンドと8段ATを組み合わせて燃費にも配慮している。走行メカニズム面では、ダイナミックオールホイールステアリングやリアスポーツディファレンシャルを含む「RSダイナミックパッケージ」を標準で装備。駆動方式はクワトロ四輪駆動で、最高速度を従来の250km/hから280km/hにアップしたという。足回りは、より高いチューニングを施した「RSアダプティブエアサスペンション」を標準装備。コイルスプリングとダンピングコントロールサスペンションにダイナミックライドコントロールを組み合わせた「RSスポーツサスペンションプラス」をオプションで設定している。さらに、低速では後輪が逆位相、高速では同位相にステアすることで、安定感のあるハンドリングを実現する4輪操舵システムの「ダイナミックオールホイールステアリング」を標準で装備した。エクステリアには、グロスブラックの3Dハニカム構造のシングルフレームグリルを採用。ボディカラーはアスカリブルーメタリックを専用色として追加設定した。また「A6アバント」との比較で40mm拡幅したフェンダーをはじめ、フロントドアやルーフ、テールゲートなどを除いて、ボディ外板はRSモデル専用のデザインとなっている。その他、フロントスポイラーやエクステリアミラーハウジング、フロントサイド フラップ、サイドシル インサート、フロントウインドウモールディング、ディフューザートリム、ルーフレールがマットグレー仕上げとした。足元はアウディスポーツ製10スポークスターデザインホイールに275/35R21タイヤを組み合わせている。インテリアでは、大型のアルミニウム製パドルシフトやヒーター機能付き3スポークステアリングホイールがスポーティさを強調。RSロゴが刻まれたバルコナレザーで仕立てたSスポーツシートを備えている。高解像度液晶画面を備えた12.3インチバーチャルコックピット のRSモデル専用の表示メニューでは、中央にタコメーター/スピードメーターを配し、左右にパフォーマンスに関する情報を配するレイアウトに変更することも可能だ。加えて、速度やアシスタンスシステム、ナビゲーションや警告といった情報を、ドライバーの直接視野に入るフロントウインドウ上にマルチカラーで投影するヘッドアップディスプレイや、16個のスピーカーを搭載するBang & Olufsen 3D サウンドシステムを標準装備している。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
アウディ RS6アバント (ワゴン)の相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

アウディ RS6アバント (ワゴン) 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にLINEヤフー株式会社が独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

アウディ RS6アバント (ワゴン)を一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

車買取査定のお役立ち情報

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP