査定ガイド

車の査定金額って有効期限はあるの?

車の査定金額に有効期間や期限はあるの?

「何店舗かの買取店に査定してもらったはいいけれど、迷っているうちになんだかんだで1ヵ月近く経ってしまった。……ちなみに1ヵ月前の査定額ってまだ有効なの?」そんな疑問を抱えている人もいるかもしれません。つまり「査定価格に有効期間や期限はあるのか?」という問題です。また、有効期間があるならそれはどのくらいなのでしょうか。
この記事では、車買取の際の査定の有効期間についてご紹介していきます。査定額の有効期間を知って、スムーズかつお得に車を売却しましょう!

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

提示された査定価格の有効期間・期限はいつまで?

提示された査定価格の有効期間・期限はいつまで?

結論から言いますと、業者が提示した査定価格には必ず「有効期間」があります。その有効期間は業者によってまちまちですが、「最短で査定当日、最長でも10日間ぐらい」だと思ってください。つまり、査定額の有効期間は平均すると約1週間前後です。査定後1カ月や2カ月などの長期間の有効期間を設けている車買取店はまずないのです。

査定の有効期間が過ぎてしまうと、当然提示された査定金額では売却ができなくなります。もしも、1カ月以上前に査定してもらった業者に買い取ってもらいたい場合には、「再査定」を受けなければなりません。再査定では、時間の経過を理由に、以前より査定額を下げられてしまう可能性もあります。

買取金額の有効期間は買取店によって異なるため、まずは査定を受けた際に必ず有効期間を確認するようにしましょう。また、スムーズに車を売却や買い替えするために、あらかじめ車売却の流れを確認しておくことも重要ですよ。車を売るときの流れについて詳しくは、以下の記事をご参照ください。

車売却の流れ記事キャプチャ

関連記事:『初めての車売却!車を売るときの流れを4ステップでご紹介!』

なぜ査定価格に有効期限があるの?

なぜ査定価格に有効期限があるの?

なぜ査定価格に有効期限があるのかというと、車の買取額を決めるうえでの大きな指針となる「オートオークションでの車の相場」が刻々と変わっていくからです。

もちろん、外国為替相場のようにたった数分で大変動することはほとんどありません。しかし、ある程度の短期間でオートオークションの相場は変動します。そのため、今日の車の査定価格が明日も有効であるとは限らないのです。

特に、3月や9月などの中古車業界の繁忙期には価格が変わりやすく、またフルモデルチェンジやビッグマイナーチェンジが行われるとなれば買取価格は大きく変動します。モデルチェンジが発表されると、現行モデルは旧型扱いとなるので、一気に買取相場やリセールバリューが下落します。業者から見れば、「1ヵ月前は確かに●●万円を提示できたけど、その後、需要期は終わって、さらにフルモデルチェンジも正式発表されちゃったんだから、あのときと同じ金額で買い取ってくれって言われても無理ですよ!」みたいな話になるわけです。

したがって、車の価値は日がたつごとに下がってしまうという事実は避けられません。そのため、車の売却や乗り換えを考えていて、納得できる査定額が提示されたなら、査定を受けてから遅くても2週間以内には確実に契約を締結するようにしてください。車の買取価格の変動について詳しくは、以下の記事をご参照下さい。

車売却のタイミング記事キャプチャ

関連記事:『車を高く売るには時期とタイミングが重要!車査定で高値になりやすい時期は!?』

下取り金額と買取金額の有効期間は違う

下取り金額と買取金額の有効期間は違う

上述でご説明したとおり、査定価格の有効期間は1週間前後です。それに対して、ディーラーの下取り金額の有効期限は、「とても長い」、または「ない」に等しいと言えます。そこで、車は通常距離が長くなればなるほど、売却や下取りまでの時間が先になればなるほど価値が下がる」という説明と矛盾しているのではと疑問に思うでしょう。しかし、その理由は、買取査定と下取りでのシステムの違いにあります。

    下取り金額の有効期間が長い理由

  1. ①そもそも低めに下取り金額を算出しているから
  2. ②新車を売ることで利益を得ているから

①そもそも低めに下取り金額を算出しているから

ディーラーの下取りでは、最初から時間経過による査定額の下げ幅を想定した上で、低めの下取り額を算出しています。というのも、ディーラーで下取りしてもらう人のほとんどが、次の新車に乗り換えるため、納車までは現在の愛車に乗り続けることになります。そのため、ディーラーの査定士はあらかじめ納車までの期間を計算し、その分を下取り金額から差し引いているのです。一般的に、ディーラーの下取り額が車買取店の査定金額より低いと言われるのもこのためです。

②新車を売ることで利益を得ているから

車買取店は買い取った車を再販して利益を得るのに対し、ディーラーは新車の販売をすることで利益を得るのが主な目的です。車の買取ではなく、あくまで下取りのため、下取りする車の価値はそれほど重視していません。そのため、①でも説明したように、利益を得る必要がない下取りは損をしないように初めから低い査定金額を提示して、有効期間を長く設定できるのです。

ディーラー下取りと買取店の違いや、それぞれのメリット・デメリットについては以下の記事もご参照下さい。

ディーラー下取り・買取店比較記事キャプチャ

関連記事:『知っておくべき!ディーラー下取りと買取店、どっちがお得?』

愛車はスムーズかつお得に売却しよう!

愛車はスムーズかつお得に売却しよう!

査定の際には、有効期限を確認する必要があるとお伝えしました。買取店によって査定の有効期限は異なり、気を付けないと再査定で前回の査定金額よりも低くなってしまった…ということが起こってしまいます。そのため、きちんと有効期限を確認するとともに、効率よく買取店の査定金額を比較することが、車を高く売るコツです。

その際にオススメとなるのが、「買取カービューの愛車無料一括査定」です!買取カービューの愛車無料一括査定サービスは、インターネット上で最大8社の車買取店へ一度に査定依頼を出すことができます。

使い方はカンタン!車輌情報とお客様情報の入力し、車の査定を依頼したい買取店を選択すれば、ワンクリックでまとめて査定依頼が完了します!査定後は、その中から最高額で車を売却できる買取店を選択できるのです。このサービスを利用することで、買取業者の選択もスムーズに行うことができますよ!

買取カービューの愛車無料一括査定サービス申込画面

一括査定サービスの利用は無料で、運営母体もYahoo! JAPANグループで車部門を担当しているカービューのため、情報の取り扱いもより安全・安心してご利用いただけます。色々な買取店に足を運んでどこに売却しようか考えている間に、査定額の有効期間がきれてしまった…ということがないように、「愛車無料一括査定」でスムーズかつお得にあなたの愛車を売却しましょう!

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーの口コミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

トヨタ プリウス
実際の査定金額
70.0万円
見積り数
5社
査定満足度
3.5
ユーザーコメント

オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

ホンダ フィット
実際の査定金額
63.9万円
見積り数
5社
査定満足度
5
ユーザーコメント

一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

日産 セレナ
実際の査定金額
75.0万円
見積り数
8社
査定満足度
5
ユーザーコメント

はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

買取カービューについて

買取カービューの愛車無料一括査定サービスは、日本最大級のクルマ総合情報サイトcarview!クルマ専門SNSみんカラを運営する株式会社カービューが提供しています。Yahoo!JAPANグループのカービューは、テクノロジーを活用して、カーライフをもっと身近で、もっと楽しく価値あるものに変えていくことをミッションとしています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP