ルノー トゥインゴ 2016年09月~モデルの買取・査定相場

ルノー トゥインゴ
ルノー・ジャポンは、コンパクトカーのトゥインゴをフルモデルチェンジし、2016年9月15日に発売した。既存のプラットフォームを用いることなく、すべてをゼロから開発したトゥインゴ。新型は基本設計を共用するスマートフォーフォー同様、エンジンをリヤに搭載するRRレイアウトを採用する。全長3620mm、全幅1650mm、全高1545mmのボディは国産リッターカー並み。ボンネットフード内からエンジンをはじめとする多くの機器がなくなったことでタイヤの切れ角が増しており、軽自動車並みの最小回転半径4.3mを実現している。取り回し性のよさと広い視界がもたらす運転のしやすさも大きな特徴と言えよう。パワーユニットは最高出力66kW(90 ps)、最大トルク135Nmを発揮する0.9リッターの3気筒ターボ。組み合わされるトランスミッションはデュアルクラッチの6速ATのみ。スタート&ストップ(アイドリングストップ)機構、減速時にオルタネーターを稼動させてバッテリーに充電する回生機構、エコモードスイッチなどによって燃費消費を抑制。燃費はJC08モードで21.7㎞/Lを実現している。エクステリアはルノーのアイデンティティとなっているブラックグリルとルノーブランドの象徴“ロザンジュ”、4灯のポジションランプ、バンパー下部に設けられた大型のエアインテークを採用。サイドビューは5ドアでありながらリヤのドアノブをサッシュに隠すことで3ドアのような仕上がりを見せる。リヤは一枚ガラスのリヤゲートがユニーク。背の高いボディでありながらコントロールドフラップ、ボディ下面の空気の流れをスムーズにするアンダーボディフェアリングなどにより空気抵抗の低減が図られ、このクラスでは良好なCd値0.31を達成している。ボディカラーは「ブルードラジェ」、「ブランクリスタル」、「ジョンエクレール」、「ルージュフラムM」、「カプチーノ」、「ブルーメディテラネM」の全6色。インテリアはボディカラーに合わせて「ブルー」、「ルージュ」、「ブラン」の3色を設定。ヘッドレスト一体型のフロントシートを採用し、先代よりも125mm長いホイールベースによって後席ニールームを拡大している。リヤシートは5:5分割式となり、助手席まで倒すことで2.2mの奥行きが得られる。ダッシュボードには専用クレードル(アクセサリー設定)でスマートフォンを取り付けることが出来、オーディオと接続することが可能だ。装備は充実しており、防塵フィルター付きオートエアコン、オートライト、雨滴感応式オートワイパー、クルーズコントロールなどを標準で装備する。グレードはインテンスのみで電動スライド式のキャンバストップの選択も可能だ。なお、トゥインゴのデビューに合わせて、ブランクリスタルのボディに専用ストライプ、16インチアルミホイール、専用レッド&ブラックの内装などが採用された「トゥインゴパックスポール」(199万円)、最高出力52kW(71ps)、最大トルク91Nmの1.0リッター3気筒DOHCエンジンに5速MTが組み合わされた「トゥインゴ5S(サンクS)」(169万円)がそれぞれ50台限定で発売された。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
ルノー トゥインゴの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

ルノー トゥインゴ 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

ルノー トゥインゴを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

車買取査定のお役立ち情報

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP