ルノー ルーテシア 2020年11月~モデルの買取・査定相場

ルノー ルーテシア
ルノー・ジャポンは、コンパクトカーの「ルーテシア」を2020年10月15日にフルモデルチェンジ、同年11月6日より販売を開始する。5代目となるルーテシアは先代のイメージを踏襲しながら、すべてのボディパネルは一新された。フロントマスクは最新のルノーモデルと共通のイメージでまとめられており、ボディラインもより洗練されている。ルノー・日産・三菱のアライアンスにより新開発されたモジュラープラットフォーム「CMF-B」を初採用し、先代モデルに対して高い剛性を確保しながら約50kgの軽量化を達成した。ボディサイズは先代に対してコンパクト化されており、全長4075㎜×全幅1725㎜×全高1470㎜、ホイールベース2585㎜。インテリアはコンパクトカーの枠を超えた“知覚品質”と、スマートコクピットと呼ばれるドライバー中心に考えられたデザインを採り入れたという。並みのような曲線と水平基調のダッシュボードを採用し、ダッシュボード、ドアパネル、センターコンソールの側面まで、乗員の手が触れる部分には高品質なソフト素材を使用した(インテンス、インテンステックパック)。シートは形状が見直され、座面長を長く取り、包み込むような形状でサポート性を向上。工夫されたシートバックの形状によって後席の足元スペースにもゆとりが生まれている。荷室容量は先代の330Lからクラストップレベルの391Lに拡大。メーターパネルは従来のアナログ式から7インチデジタルディスプレイに一新。エンジン回転数、速度はデジタルディスプレイで表示し、「ルノーマルチセンス」と連動してエンジンの出力特性や7速AT(7EDC)の自動変速特性、電動パワーステアリングのアシスト力といった運転モードや照明のカスタマイズが行える。また、センターに装着される7インチマルチメディアイージーリンクはスマートフォンをUSBポートに接続することで「Apple CarPlay」や「Android Auto」を介して、タッチスクリーン上でスマートフォンのアプリが利用できる。センターコンソールは人間工学に基づいて高い位置に配置(インテンス、インテンステックパック)。シフトレバーは短くなり、コンソール下部にはスマートフォンのワイヤレスチャージャーを装備(インテンステックパック)した。パーキングブレーキの電動化も行われている。パワーユニットはルノー・日産・三菱のアライアンスにより開発された1.3リッター4気筒ターボ。最高出力96kW(131ps)/5000rpm、最大トルク240Nm/1600rpmを発生し、パドルシフトを備えたデュアルクラッチの7速AT(EDC)と組み合わされる。全車がFFとなり、WLTCモード燃費は17.0km/Lを実現している。運転支援システムは充実しており、「ハイウェイ&トラフィックジャムアシスト」、「アダプティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付き)」、「レーンセンタリングアシスト(車線中央維持支援)」、「360°カメラ」、「オートハイ/ロービーム」、「パーキングセンサー(フロント、リヤ)」、歩行者・自転車検知機能を備えた「アクティブエマージェンシーブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)」、「ブラインドスポットワーニング」など、多彩な機能を備えている。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
ルノー ルーテシアの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

ルノー ルーテシア 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

ルノー ルーテシアを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

車買取査定のお役立ち情報

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP