ポルシェ パナメーラ 2014年04月~モデルの買取・査定相場

ポルシェ パナメーラ
ポルシェジャパンはマイナーチェンジした第二世代のパナメーラの受注を2013年4月15日から開始した。上海モーターショーでの世界初公開を前にした受注開始だ。今回の改良では、ラグジュアリークラス初のプラグインハイブリッド車となるパナメーラS eハイブリッドやホイールベースを延長した贅沢なエグゼクティブバージョンが新設定され、スポーツ性から快適性までをカバーする幅広いラインナップを作った。外観デザインはフロントエンドの輪郭をくっきりとさせたラインが特徴で、傾斜を強めたウインドウスクリーンが伸び伸びとしたシルエットを作っている。幅の広いスポイラーを採用するなど、リアセクション全体のデザインも見直された。パナメーラS eハイブリッドは、パラレル方式のフルハイブリッドを発展させたもので、より強力なモーターと高性能バッテリー、外部充電機能を備えている。モーターはこれまでのハイブリッドが34kW(47ps)だったのに対して2倍以上の70kW(95ps)の出力を発生する。また新開発のリチウムイオン電池は従来のニッケル水素電池に比べて5倍以上の9.4kWhの容量を備えている。ドイツの230Vのコンセントに接続すれば、4時間以内で充電される。パナメーラS eハイブリッドは動力性能が大きく向上すると同時に燃料も向上し、ヨーロッパモードの走行で100km当たり7.1リッターから3.1リッターへと燃料消費量を大幅に低減させている。ゼロエミッション走行が可能な距離も36kmになり、電気モーターだけでも時速135kmまでの走行が可能だ。2グレードが設定されたエグゼクティブは、ホイールベースを150mm延長することでフルバケット2シーターの後席空間を拡大したモデル。エグゼクティブにはエアサスペンションが採用されることで、快適性に優れた乗り心地を実現する。このほか、パナメーラSとパナメーラ4Sに搭載されていた従来の4.8リッターV8に代わるエンジンとして、ダウンサイジングをコンセプトに基づいて開発された全く新しい3.0リッターのV6ツインターボが搭載された。このエンジンはパナメーラ4Sエグゼクティブにも搭載される。従来のV8に比べ、最高出力で20ps、最大トルクで20N・m増えると同時に18%の燃費向上を実現した。低回転域からの過給により広い回転域で520N・mの最大トルクを発生する。パナメーラのトランスミッションは7速ポルシェ・ドッペルクップルング(PDK)が基本だが、パナメーラS eハイブリッドには快適性に優れた8速ティプトロニックSが採用される。このトランスミッションは効率的な機能を有効に引き出すものとされ、コースティングから停止までの間の燃費を向上させるため、オートスタート/ストップ機能をによって早めにエンジンを止める。パナメーラGTSを除くPDK仕様車にも、コースティング機能が備えられる。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
ポルシェ パナメーラの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

ポルシェ パナメーラ 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

ポルシェ パナメーラを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP